早稲田大学が「起業インターン」を始めたワケ

営業利益の25%を学生に支払うほど実践志向

起業をインターンで体験する、新たな取り組みが始まった(記者撮影)

「今日は、会社の顧客に関する仮説を立ててみましょう。顧客の抱える課題などの10項目を、法人顧客と個人顧客に分けて書き出してください」

11月上旬、東京都港区にあるコンサルティング会社・ビジネスバンクグループ本社の会議室。講師の呼びかけに応じ、参加者する大学生たちがグループに分かれて熱心に話し合いを始める。

大学生が一定期間、職業体験をする「インターンシップ」。この研修はその一場面だが、通常のインターンとは大きく異なる。まず職業体験が「起業」であること、そしてそれが大学の「授業」の一環として行われていることだ。

起業体験+インターンシップ

早稲田大学は今年から、ユニークな起業家教育をスタートさせた。学生はおよそ1年をかけて実際に起業にチャレンジする。そしてそれをインターンとして行うのだ。大きなリスクを背負う起業と、職業訓練であるインターン。一見すると相矛盾する2つの要素が入り交じっている。

文部科学省は2017年から「次世代アントレプレナー育成事業」(EDGE-NEXT)という事業を進めている。早大は滋賀医科大学、東京理科大学、山形大学とコンソーシアムを組み、その採択を受けている。この「起業インターン」も同事業の一環だ。

学生たちはインターンに取り組む前に、大学の授業でアイデア発想法や事業計画の立案方法などを学ぶ。インターンは一連の起業家育成科目の最終段階という位置づけだ。起業の理論を学んだうえで、実際に実践してみる。理論と実践の融合が、起業インターンの狙いの一つになっている。

学生たちにとって、授業を受けてインターンに進むのは、なかなかの狭き門。授業中にアイデアコンペが行われ、そこで勝ち抜かなければならない。インターン直前の前提科目の受講生は約120人だが、実際に起業インターンに進んだのは、3チーム、16人だった。

次ページ約30万円が「資本金」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。