恵比寿ウェスティンが考える「最高水準」

東京ホテル大競争時代を勝ち抜く秘訣

――ウェスティンは、シェラトンセントレジスと同じ、スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイド社の運営です。グループ内でのウェスティンのブランドや、特に東京の位置づけを教えてください。

競合との差別化を図ることを考えています。ブランドコンセプトは「旅先のウェルネス」。ご到着した日よりも、さらにいい気分でご出発いただきたいという意味です。

ウェルネスには5つの柱があります。快適な眠り、健康的な食生活、快適なエクササイズ、五感を癒やす快適なビジネス環境、リラックス、この5つの柱によって支えられています。

すべての客室にはウェスティンオリジナルの「ヘブンリーベッド」が設置されている。世界中から50台のベッドを集めて検証し、シモンズ社と共同開発のマットレスを使用。自宅にいるような心地よさがウリだ。
スイートのベッドルームにもヨーロッパ調のソファが。部屋を出ない「ホテル族」女子の気持ちがわかる気がする

たとえば、快適な眠りに関しては、ウェスティンが開発した革新的な「ヘブンリーベッド」というものがあります。私たちのプロダクト、サービスはすべてお客様のためのものです。ちなみに、ウェルネス産業はアメリカでは10億ドルのビジネスと言われています。

東京は非常に競争が激しい場所です。しかし20年前は、インターナショナルブランドのホテルは一握りしかありませんでした。ここ最近、新規ホテルの参入が増加してきたのは、お客様にとって、とてもいいことだと思っています。今では、最高のプロダクトとサービスを提供するインターナショナルブランドのホテルが15軒、20軒とあります。

日本のお客様はたいへん洗練されていて、品質の高いものを求めています。私は、ホテルのプロダクト、サービスを最上の状態で提供すること、つねに一貫したサービスを提供することを心掛けています。それをしないと、やはり競合に負けてしまうからです。

次ページ輝かしい、新御三家時代
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT