トランプ大統領が記者に放った「一言」の真意

その英語フレーズ、マリオが使うと別の意味

まとめると、Here we go.には以下の3つの意味があると覚えておいてください。

Here we go.
また始まったよ (繰り返し起こることに対する嫌悪)
さあはじめよう (一緒に何かを始めるときの掛け声)
あった (一緒に探していたものを見つけたときの掛け声)

3つの用法の共通点は?

なぜ同じHere we go.という表現で、3つの異なる用法があるのでしょうか。このフレーズを構成している3つの単語、「here」「we」「go」の持つ意味を、一緒に考えてみましょう。

hereは「注意を喚起する」役割があります。また、もともと「ここ」という意味ですから、there「そこ、あそこ」と対比すると、話者の側(here)から聞き手の側(there)へというイメージで、「起点」や「始まり」のニュアンスがあります。それに対してthereには「達成」や「終点」のイメージがあります。

そして、weは「私たち」という意味で、ここでは話者と聞き手の両方が含まれていることを表します。herethereを使った似たようなフレーズはたくさんありますが、そこに誰が含まれているのかを表すのが、この主語の部分です。

goはbe動詞との対比として、「動作」を表す役割があります。be動詞を使用すると「状態」を表します。

つまり、3つを合わせると「一緒に(we)、すること(go)に注意を向けてください(here)」とか、「一緒に(we)、すること(go)が始まりますよ(here)」という感じになるのです。

②の「さあ、始めよう」はそのままの意味で当てはまりそうですね。①の「また始まったよ」というのは、「いつものあの会話を私たちは始めるのですね」というような気持で言っているのです。③の「あった」というのは、「一緒に見て」という気持ちで「ここだよ」と注意を促して言っているような感じです。

それぞれ状況に合わせて異なる日本語訳を充てていますが、もともとの概念としては同じところから出発しているということですね。ほかのherethereを使ったフレーズ、Here you are.There you go.なども、どんなところでどんな意味で使われているのか、ぜひ意識してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT