東京23区「ウエストサイド」年収ランキング

上場企業数では東側10区を圧倒する規模

東京23区「ウエストサイド」で1位となったのはあの会社(撮影:今井康一)

東洋経済オンラインでは、東洋経済データベースを使い、東京都23区内を3つの区分に分類した平均年収ランキングを配信している。

先日配信した、東京23区「イーストサイド」年収ランキングに続き、東京23区ウエストサイド(=西側10区)のランキング上位500社を紹介する。

この西側には大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、目黒区を区分した。

ランキングには、2016年度総務省「市町村税課税状況等の調」による納税者の一人当たり所得と各社の平均年収の比較額を、区民平均比として併載した。

これを参考にすれば本社所在地の足もとに住む住民との差額が明らかにできる。

このほか、対象の従業員の平均年齢もランキングに加えている。

平均年収と年齢は、2017年8月期から2018年7月期の有価証券報告書に記載された単体の数字を用いている。

単体の従業員数が20名に満たない場合や、直近の平均年収が有価証券報告書に開示されていない会社は対象外としている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2018年4集調査時点のものとした。

渋谷区、新宿区、品川区の企業が上位に並ぶ

ランキング1位となったのはスクウェア・エニックス・ホールディングスで、平均年収は1391万円。「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」が人気ゲームメーカーで、新宿区に本社を構える。傘下にはタイトーも含まれる。

2位のフューチャーは品川区の大崎に本社がある。社名にはホールディングス名はつかないものの、ITコンサルティングを担うフューチャーアーキテクトや、メディア事業の東京カレンダーなどを傘下に持つ持株会社となっている。従業員数34名、平均年齢41.8歳の平均年収で1178万円だった。

3位のSOMPOホールディングスは、西新宿に本社を置く3大損保の一角。557人の従業員平均で1173万円。損害保険事業のほかに、介護ヘルスケア事業を展開して新しい収益源へと強化している。

先日配信した、東京都イーストサイドに比べると社数はぐっと増え、東京都内に本社がある1799社のうち575社を占める。

渋谷区の154社、新宿区は145社、品川区が128社の順で多く、都心3区に続いて本社が多い3つの区がある。ただ上位10社のうち、6社は社名にホールディングスがつくなど持株会社化を進めている会社が多く、平均年収はホールディングスのみの平均額となっている点は、割り引いて考える必要がある。

次ページまずは1位から50位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。