東京23区「イーストサイド」年収ランキング

東京23区の上場企業を3つのブロックに分類

墨田区のスカイツリー。写真はイメージ(撮影:今井康一)

上場企業3715社のうち、東京都に本社がある会社は1799社(48.4%)を占める。

都道府県でみて東京都への一極集中がみられるが、東京都内でも本社所在地の偏りはあるだろうか。また、本社の所在地によって平均年収に違いはあるだろうか。東洋経済オンラインでは東洋経済データベースを用いて、東京23区を3つのブロックに分類。平均年収ランキングを作成した。

ブロックの分類は、東京都イーストサイドとして足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、葛飾区、北区、江東区、墨田区、台東区、文京区の計10区、東京都ウエストサイドは大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、豊島区、中野区、練馬区、目黒区の計10区、都心3区は中央区、千代田区、港区とした。

ランキングには、2016年度総務省「市町村税課税状況等の調」による納税者の1人当たり所得と各社の平均年収の比較額を、区民平均比として併載した。

これを参考にすれば本社所在地の足元に住む住民との差額が明らかにできる。このほか、対象の従業員の平均年齢もランキングに加えている。

平均年収と年齢は、2017年8月期から2018年7月期の有価証券報告書に記載された単体の数字を用いている。

単体の従業員数が20人に満たない場合や、直近の平均年収が有価証券報告書に開示されていない会社は対象外としている。調査時点を合わせるため、本社所在地は、『会社四季報』2018年4集調査時点のものとした。

認知度の高い会社が上位に

ランキング1位は文京区の小石川に本社がある医薬品メーカーのエーザイで、平均年収は1044万円。「チョコラ」ブランドのビタミン剤や「セルベール」の胃薬がテレビCMでも有名。CSR活動にも積極的な企業として知られている。社員への還元の手厚さも例外ではなく、東京都の東側の10区でトップの年収となった。

2位は浅草にあるビールジョッキや聖火台の炎をイメージした本社ビルが印象的な、アサヒグループホールディングス。平均年収は1001万円。本社がある墨田区の、納税者の1人当たり平均所得との差額は630万円になる。本社と同じ区内に住む従業員は必ずしも多くないだろうが、地元住民との差は大きいことがみてとれる。

3位はタカラトミーが平均年収902万円でランクイン。「リカちゃん」や「プラレール」「トミカ」などの定番の玩具が人気だ。タカラと合弁を組んでタカラトミーとなる前から、トミーの本社があった葛飾区立石に本社がある。

次ページまずは1位~59位
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT