「eスポーツ」がゴルフ離れの救世主になるか

「みんなのGOLF」を通じた若年層開拓にも勝機

みんなのGOLFのプレー画像。eスポーツの1つの競技として注目が集まっている(画像:©Sony Interactive Entertainment Inc.)

「e(エレクトロニック)スポーツ」が脚光を浴びている。2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされ、今後の成長にも期待が高まる一方だ。

「eスポーツ産業に関する調査研究報告書」(平成30年の総務省情報流通行政局情報流通復興課)では2017年のeスポーツの海外市場規模は700.9億円、視聴者数は3億3500万人だった。

2018年の市場規模は前年比で38.2%、視聴者数は同13.8%成長すると予想されている。さらに世界の競技人口は1億人を超えるともいわれている。

一方の日本では、2017年の国内市場規模は5億円未満、視聴者数は158万人で、世界レベルから見ると、まだまだこれからである。

eスポーツを通じて若年層の開拓も

eスポーツは、コンピュータゲーム上で複数の選手が対戦する。ゲームといえば日本では遊びのイメージが強いが、世界的にはコンピュータゲームがスポーツとして捉えられ、賞金も出る大きな大会も開催されている。

この8月に開催された「第18回アジア競技大会」ではデモ競技としてeスポーツが行われた。日本代表はその中で「ウイニングイレブン 2018」で金メダルを獲得した。また、2024年の夏季オリンピックのパリ大会ではIOCが正式種目への採用も検討している。

eスポーツはゲームに囲まれて育った若い世代に支持されているため、若年層の開拓が弱いスポーツ分野にとっては、注目が集まるスポーツといえる。

もちろんゴルフ界にとっても、eスポーツは注目すべき分野だ。

現にUSGA(全米ゴルフ協会)がゴルフゲームWGT(ワールドゴルフツアー)を使用して、eスポーツとしてバーチャル全米アマチュア選手権をこの8月に開催した。ゲームの舞台は、実際の全米アマチュア選手権が開催されたペブルビーチ・ゴルフリンクス。

全米アマチュア選手権と同様、世界中でこのゴルフゲームで予選競い、上位32名がマッチプレーでプレー、勝ち残った2名が決勝をアトランタにある娯楽性の高いエンターテインメント型練習施設の「Topgolf(トップゴルフ)」の会場を使い、観客を集め大画面で優勝を争った。

次ページ世界中の新しい視聴者とつながるステップに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT