スポーツ車はMTと信じる人に教えたい新常識

2ペダル自動変速はここまで進化している

10月のパリモーターショーで世界初公開されたBMW「Z4」(写真:筆者撮影)

自動車のトランスミッションといえば、もともとはアクセル、ブレーキ、クラッチの3ペダルと手元のギアを駆使するマニュアルトランスミッション(MT=手動変速機)が主流の時代もあった。

オートマはスポーツモデルには不釣り合い?

時代は移り変わり、今ではアクセルとブレーキの2ペダルの自動変速が主流だ。昔は2ペダル=イージードライブというイメージでスポーツモデルには不釣り合いと言われていたが、現在では「速さ」と「効率」のために活用されており、モータースポーツの世界では世界選手権レベルのカテゴリーはほぼ2ペダルという状況となっている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一口に自動変速といっても、さまざまな種類が存在する。MTをベースにクラッチ操作と変速操作を自動化させた「ロボタイズドMT」。ベルト/チェーンとプーリーの組み合わせでギア比を無段階に連続変化することが可能な「CVT」、そして液体で力を伝えるトルクコンバーターによりエンジンと接続され、遊星歯車機構で変速を行う機構の「AT」だ。

実はATの歴史は古く、1900年前半には実用化されており、長年2ペダルの代表として活用されてきた。スポーツ性重視のDCT、経済性重視のCVTといった特化型の2ペダルの登場により市場が縮小したが、最近はATが見直され再び巨大勢力となっている。内製を行う自動車メーカーもあるが、専門メーカーとしては日本のアイシンAWやジャトコ、アメリカのアリソン(大型商用車用)、ドイツのZFなどが有名である。

ツェッペリン飛行船用のギア・ホイールおよびトランスミッションのメーカーとしてスタートしたZF(写真:ZF)

10月に開催されたパリモーターショーで世界初公開されたBMW「Z4」。2019年登場予定といわれるトヨタ自動車「スープラ」(A90)の兄弟車としても話題となっているモデルである。オープンモデルながらピュアスポーツカーとして開発。ショートホイールベース、ワイドトレッドのパッケージに直6-3Lツインターボ/直4-2Lターボのエンジンを搭載。ポルシェ・ボクスターをベンチマークとし、新車開発の聖地として有名な「ニュルブルクリンク北コース」のタイムは7分55秒を記録している。

ただ1つ気になったのは、そこまでこだわったにもかかわらず、最もスポーティなグレードである「M40i」のトランスミッションが8速ATのみの設定であったことだ。3ペダルのMTは市場が少ないので設定がないのはなんとなく理解できるが、なぜATなのか?

次ページセットアップの自由度が大きいのが特長
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT