ホークスが「日本シリーズ」で2連覇した要因 広島カープと日本プロ野球最高峰の戦い

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

ソフトバンクの勝因は、2つです。

まず、広島の丸選手に仕事をさせなかったこと。シーズンMVP候補の丸選手を、ソフトバンクバッテリーが打率.160に抑え込めたということが広島の得点能力を低下させ、日本一を呼び込んだひとつの要因になったと思います。

もうひとつは、常勝軍団・ソフトバンクの走攻守すべてにおけるレベルの高さ。盤石の投手陣にバランスの取れた攻撃陣、控え選手の層の厚さ。すべてを兼ね備えたソフトバンクだからこそ、シーズン2位通過でもクライマックス・ファイナルステージで西武を破り、日本シリーズでもセ・リーグ3連覇を成し遂げたカープを破ることができたと感じます。

とはいえ、広島もすばらしい内容の戦いでした。負けはしましたが、3戦目と5戦目で見せた攻撃陣の粘り、何点差がついても最後まで食らいつくあきらめない姿勢は、見ている人を感動させるほどすばらしいものでした。

日本プロ野球の最高峰の試合だった

この両チームの戦いを観ていた他の10球団はおそらく、焦燥感すら味わったことでしょう。この戦いに追いつくには、並大抵の努力では無理だと、そんなふうに思ったに違いありません。それほど今年の戦いのレベルは高かった。

これが日本のプロ野球の、今の最高峰なのです。

と、今回はあまりに日本シリーズが熱すぎました。

恒例の私の野球人生の振り返りについては、ちょうどこれからオフシーズンに入ることですし、年末に向けて、ゆっくりとお話ししていくことにしましょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT