ホークスが「日本シリーズ」で2連覇した要因

広島カープと日本プロ野球最高峰の戦い

ソフトバンクの勝因は、2つです。

まず、広島の丸選手に仕事をさせなかったこと。シーズンMVP候補の丸選手を、ソフトバンクバッテリーが打率.160に抑え込めたということが広島の得点能力を低下させ、日本一を呼び込んだひとつの要因になったと思います。

もうひとつは、常勝軍団・ソフトバンクの走攻守すべてにおけるレベルの高さ。盤石の投手陣にバランスの取れた攻撃陣、控え選手の層の厚さ。すべてを兼ね備えたソフトバンクだからこそ、シーズン2位通過でもクライマックス・ファイナルステージで西武を破り、日本シリーズでもセ・リーグ3連覇を成し遂げたカープを破ることができたと感じます。

とはいえ、広島もすばらしい内容の戦いでした。負けはしましたが、3戦目と5戦目で見せた攻撃陣の粘り、何点差がついても最後まで食らいつくあきらめない姿勢は、見ている人を感動させるほどすばらしいものでした。

日本プロ野球の最高峰の試合だった

この両チームの戦いを観ていた他の10球団はおそらく、焦燥感すら味わったことでしょう。この戦いに追いつくには、並大抵の努力では無理だと、そんなふうに思ったに違いありません。それほど今年の戦いのレベルは高かった。

これが日本のプロ野球の、今の最高峰なのです。

と、今回はあまりに日本シリーズが熱すぎました。

恒例の私の野球人生の振り返りについては、ちょうどこれからオフシーズンに入ることですし、年末に向けて、ゆっくりとお話ししていくことにしましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT