ホークスが「日本シリーズ」で2連覇した要因

広島カープと日本プロ野球最高峰の戦い

両球団に共通して言えるのは、やはりどちらも“強い”ということ。日本シリーズを逃したライオンズの応援団も今年は凄かったです。やはりファンの皆様はファン心理として“勝つチーム”“強いチーム”を追いかけたいものです。

今のソフトバンクとカープはそれにまさに当てはまる、いい戦い方を展開できています。

しかし、ここからがまた、難しい。なぜなら、勝ち続けないとすぐに人気は下降する、ということの裏返しでもあるわけです。“ステイゴールド”、これがいかに難しいか。この難しさこそが、実はプロ野球の醍醐味だと私は思っています。

改めて1戦目から振り返る

それでは試合の振り返りを。

広島での初戦。お互いのエースを立て試合に臨みましたが、序盤に流れをつかんだのは広島でした。初回に菊池選手のホームランと松山選手のタイムリーで2点を先制し、チームとして好スタートを切りました。しかしソフトバンクも5回にヒット3本と失策絡みで2点を取り同点とすると、ここからは両チームお家芸の中継ぎ投手陣でお互い失点を許さず、延長12回を戦い、引き分け。初戦から総力戦で見応えのある試合でした! シーズン同様、両チームともさすがに投手陣が安定していました。

続く2戦目。ソフトバンクの先発、バンデンハーク投手から、カープ打線が5回までに5点を奪う攻撃で流れをつくると、カープ先発のジョンソン投手が7回1失点と好投し、結果5−1とシーズン同様のカープらしい勝ち方で先勝。カープは若き4番鈴木選手が先制タイムリーと中押しタイムリーの活躍で、中心選手として役割をしっかりと果たしました。

この2試合で感じたのは、両チームの打の中心であるソフトバンク・柳田選手、広島カープ・丸選手に対する両チームのバッテリーの“攻め”(配球)。2人を抑え込まないことには勝てないと確信していたと思うので、インコースへの厳しい投球で結果を出させず、しっかり抑え込むことができていました。3戦目以降はこの両選手の復調がキーポイントになるように思えました。

そして福岡での3戦目。中盤以降から乱打戦。ソフトバンクが12安打9得点で試合を制し、星を五分に戻しました。柳田選手2打点、デスパイネ選手4打点とクリーンアップが役割を果たしました。カープも終盤にすばらしい粘りを見せ、一時は6点差あったものを8回に一挙5点の猛攻で1点差にまで詰め寄るすばらしい攻撃でした。

ソフトバンクは敵地広島で、冒頭に触れたカープ大応援団にのみ込まれていたのかもしれません。“ホームの利”とはよく言ったもので、地元福岡の声援に後押しされ、本来の力を取り戻したのは間違いないでしょう。

次ページ4戦目以降の戦いは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT