お金持ちになる「30代実行計画」の作り方

結局、行動しなければお金は絶対に増えない

さて、こうした準備ができたら、いよいよ「お金とのつきあい方を変えるDAY」を迎えるわけですが、その日が来たらどうすればいいでしょうか。

以下の4つの手順で「お金の貯まるしくみ」を作りましょう。なお、iDeCoでなく、会社のDC(企業型確定拠出年金)制度を利用している人も、同じように考えて大丈夫です。

手取り年収に対して、どの程度貯蓄すべきかを知る

1) 毎月いくら貯蓄すべきかを知る。

これは「人生設計の基本公式」で必要貯蓄率を求めて、毎月いくら貯蓄をしていくかを決める。実はこの連載でも度々ご紹介していますが、これは3分もあればできます。「人生設計の基本公式」を使って、必要貯蓄率を求めます。私のHPでもすぐに求められるツールがありますので、ご利用ください。

求めた必要貯蓄率から必要貯蓄額を求めます。

(現在の手取り年収 × 必要貯蓄率)÷12カ月=毎月の必要貯蓄額です。仮に年間の必要貯蓄額が69万9000円なら、毎月5万8000円ずつ貯蓄をしていくことになります。毎月は難しいというなら、たとえば、毎月3万円ずつ、年2回のボーナス時に約17万円を上乗せすることにしても構いません。

では、具体的に玉田紀香さん(まもなく35歳・会社員)のケースで具体的に見ていきましょう。

玉田紀香さん(35歳時点・会社員)の家計

家計の今後の平均手取り年収(Y)500万円
(現在の手取り年収ではなく、これからもらえそうな手取り年収の平均額を記入します)
老後生活比率(x)0.6倍(老後、現役時代の何割程度の生活水準で暮らしたいかを設定します)
年金額(P)169万円 (60歳まで現在の勤務状況が継続するとして計算・わからなければ厳しめに手取り年収の3割として計算しても良い)
現在資産額(A)500万円
老後年数(b)30年(65歳から95歳まで生きると想定した年数)
現役年数(a)30年(65歳まで働くことを予定しているので30年)

玉田さん(35歳時点)の人生設計の基本公式

人生設計の基本公式を使って計算すると、玉田さんは、今後、手取り年収の14.29%を貯蓄していけば、老後、毎月21万4000円で95歳まで安心して暮らすことができます。

現在の手取り年収は約470万円ですので、これで計算すると、年間の必要貯蓄額は約67万2000円です。毎月約5万6000円を貯蓄していくことにしました。

さて毎月の貯蓄額がわかったら、次はどうすればいいでしょうか。

次ページリスク資産の額を決める
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT