米アルファベット、第3四半期利益が予想超

純利益は91.9億ドル、前年同期比36.5%増

 10月25日、米グーグルの持ち株会社アルファベットが発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。ニューデリーで8月撮影(2018年 ロイター/ADNAN ABIDI)

[25日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。

純利益は91億9000万ドル(1株当たり13.06ドル)と、前年同期の67億3000万ドル(9.57ドル)から増加。リフィニティブのアナリスト平均予想は1株10.45ドル。

売上高は前年同期の278億ドルから337億4000万ドルに拡大。アナリスト予想は340億5000万ドル。

株価は引け後の取引で3.5%安。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT