米アルファベット、第3四半期利益が予想超

純利益は91.9億ドル、前年同期比36.5%増

 10月25日、米グーグルの持ち株会社アルファベットが発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。ニューデリーで8月撮影(2018年 ロイター/ADNAN ABIDI)

[25日 ロイター] - 米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。

純利益は91億9000万ドル(1株当たり13.06ドル)と、前年同期の67億3000万ドル(9.57ドル)から増加。リフィニティブのアナリスト平均予想は1株10.45ドル。

売上高は前年同期の278億ドルから337億4000万ドルに拡大。アナリスト予想は340億5000万ドル。

株価は引け後の取引で3.5%安。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。