孫正義が「未来のトヨタ」に見た確かな金脈

元社長室長が読み解く孫社長の「脳内」

10月4日の記者会見で笑顔をみせるトヨタ自動車の豊田章男社長(右)とソフトバンクの孫正義会長兼社長(写真:REUTERS/Issei Kato)

10月4日、トヨタ自動車とソフトバンクが提携を発表するに際し、両社のトップである豊田章男社長と孫正義会長兼社長が共同記者会見に臨んだ。対談形式のパートで司会の小谷真生子さんが「トヨタは時価総額日本1ですから」と振ると、豊田氏は「孫さんのところは2位ですから」と応じた。

小谷さんが「日本の1位、2位です」と言っても孫氏は口を結び、小さく会釈しただけであった。日本で1位とはいえトヨタの時価総額は世界で42位(9月末)、ソフトバンクにいたってはベスト50の圏外。自動運転の先行ランナーであるグーグルの親会社アルファベットの時価総額は90兆円を超え、世界の第4位であるという現実をよく知っているからだ。孫氏の「脳内」は世界を見ている。

ロックフェラーをめざす孫氏

孫氏は歴史上の尊敬する経営者としてロックフェラーをあげる。ロックフェラーの誕生の結果、世界で初めて独占禁止法ができたくらいの圧倒的ナンバーワンとなった存在だからだ。「ナンバーワンでなければ、意味がない」というのは孫氏の「脳内」に刻み込まれた基本中の基本である。

ソフトバンクがかつて再生エネルギー事業に参入すると決めた時、孫氏から「ロックフェラーがどうして世界を制覇できたか知っているか」と聞かれたことがある。

なぜですかと聞き返すと、「彼は誰も気づかないうちに石油の権利を押さえたからだ」と言う。オイルというものが砂漠だとか山の中とか二束三文の土地の下に実は埋蔵されていることを誰よりも早く理解した。それが50年後100年後に莫大な価値を生むことを見越して先に権利を押さえに行った点がすごいということだ。

孫氏が2016年に半導体設計会社のアームを買収した時には、「なんで携帯電話の会社がアームを買収するのだ」とか、「なぜ今さら半導体の会社なのだ」と批判された。ところが、情報革命=AI革命が実際に進むにつれ、アームのチップ(半導体)の重要性が認識されてきている。

次ページなぜアームを買ったのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。