孫正義が「未来のトヨタ」に見た確かな金脈

元社長室長が読み解く孫社長の「脳内」

孫氏は成功をもたらした自らの能力を冷静に分析している。

「僕は世の中を大きく変えるような発明をしたわけではない。何か一つだけ平均的な人と比べて特徴的な能力があるとすれば、それはパラダイムシフトの方向性とその時期を読むことに関心が強いということだ」

たしかに、スマホ革命の最強の武器、iPhone も自分で発明したわけではない。スティーブ・ジョブズとアライアンスを組んで、商品を独占販売したものである。

スマホ革命のジョブズ、モビリティAI革命の豊田章男

スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表する2年前のことである。孫氏は自分がモバイル(携帯電話)ビジネスに参入するのであれば、どうしても武器が必要であると考えた。そして、世界最強の武器をつくるのは誰かと考えた。そんな人間はただ一人、スティーブ・ジョブズだけという結論に達した。

ジョブズにモバイル機能のついたiPodのスケッチを持って会いに行ったところ、「この新しい携帯電話の話は誰にもしていないのに、君が最初に会いに来た。だから君にあげよう」とジョブズが言い、ソフトバンクのiPhone独占販売につながったことは今ではよく知られている。

孫氏は新ビジネスに入る時、誰が「最強の武器」をつくれるかを考える。

着々とモビリティサービス、モビリティAIという新ビジネスに入ろうとしている孫氏である。「最強の自動運転車」「最強のモビリティサービス」を創れるのは誰かと考えたとき、トヨタと豊田章男氏しかないと「脳内」で結論したのだろう。

孫氏はトヨタから提携の申し出があった時、「えっ、マジか」と2度思ったと明かした。だが、私にはこれは孫氏特有のパフォーマンスと思えた。

ソフトバンク社長室長を退任し、ソフトバンク顧問となった2015年頃のことである。豊田章男社長が孫社長を訪問され、自動車産業の未来について話し合ったと聞いた。年齢も近く、一歳違いなので、意気投合したとの事であった。

このときすでに社長室長を退任していたので、筆者は同席していない。だが、パラダイムシフトを読み、七手先を読んで成功のための布石を打っていく「孫氏の兵法」は今回も実行されたに違いない。2018年のトヨターソフトバンクの提携はすでに3年も前から準備されていたのである。 

また、「組むならナンバー1」というのも孫氏の基本である。「ナンバー1と組むことに成功すれば、黙っていてもすべてがうまく行きます」とも語っている。世界一のトヨタと組むことは「孫氏の兵法」からいうと定石なのである。

次ページ明るい自動車メーカーになるには?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT