プロ野球、短期決戦で勝ったチームの共通点

リーグ優勝の西武をCSで破ったソフトバンク

2戦目は巨人・菅野投手がクライマックスシリーズでは初となるノーヒットノーランを達成し快勝。

2試合とも、山田選手、バレンティン選手、雄平選手らヤクルトの中軸に仕事をさせず、巨人がファイナルステージへ進出を果たしました。

先に4勝したチームが勝ち上れるファイナルステージでは広島カープと巨人の対戦になりましたが、広島カープが3連勝(広島には1勝のアドバンテージあり)と、リーグ戦同様の圧倒的な勝ち方で日本シリーズ出場を決めました。

ファーストステージを勝ち上がり、勢いのある巨人が善戦してくれると少し予想していたのですが、ファーストステージから一転、頑張った投手陣が初戦に広島・丸選手、鈴木選手にホームランを浴びるなど、6失点と試合を作れず、打線も広島・大瀬良投手に押さえ込まれ完敗し、結果的には巨人の3連敗となりました。

広島カープは、ファイナルステージまでに少し試合日程が空き、試合勘が鈍るかと思いましたが、さすがに去年、DeNAに負けた悔しさがあったのでしょう。

しっかりと調整をし、リーグ戦同様の戦いができたように思います。本当にカープの強さはテッパンでした。

ソフトバンク打線の粘りと投手の安定感

パ・リーグです。

ファーストステージは2位ソフトバンクと3位日本ハムの戦いになりましたが、結果的にはソフトバンクが2勝1敗でファイナルステージに進出。その中で感じたのは、ソフトバンクの打線の粘りと、投手陣の安定感でした。

初戦から初回に日本ハムに先制される嫌な展開でしたが、その裏すぐに打線がつながり柳田選手のタイムリーや、デスパイネ選手のホームランで一挙5点を奪う逆転勝ちで、その後の試合の流れをつかみましたね。

ファイナルステージは開幕から首位を一度も譲らず優勝した西武ライオンズとソフトバンクホークスの戦いになりました。

初戦に菊池投手がここ数年苦手にしてきたソフトバンク打線をしっかり抑え、打線もシーズン同様に爆発すれば西武ライオンズが勝ち抜けると期待をしていました。

しかし、ファーストステージを勝ち上がり、勢いのあるソフトバンク打線が16安打10得点と、西武のお株を奪うような猛攻で初戦を獲り、流れをつかみます。

次ページリーグ優勝したチームが日本シリーズに進出できない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング