プロ野球、短期決戦で勝ったチームの共通点

リーグ優勝の西武をCSで破ったソフトバンク

2戦目は巨人・菅野投手がクライマックスシリーズでは初となるノーヒットノーランを達成し快勝。

2試合とも、山田選手、バレンティン選手、雄平選手らヤクルトの中軸に仕事をさせず、巨人がファイナルステージへ進出を果たしました。

先に4勝したチームが勝ち上れるファイナルステージでは広島カープと巨人の対戦になりましたが、広島カープが3連勝(広島には1勝のアドバンテージあり)と、リーグ戦同様の圧倒的な勝ち方で日本シリーズ出場を決めました。

ファーストステージを勝ち上がり、勢いのある巨人が善戦してくれると少し予想していたのですが、ファーストステージから一転、頑張った投手陣が初戦に広島・丸選手、鈴木選手にホームランを浴びるなど、6失点と試合を作れず、打線も広島・大瀬良投手に押さえ込まれ完敗し、結果的には巨人の3連敗となりました。

広島カープは、ファイナルステージまでに少し試合日程が空き、試合勘が鈍るかと思いましたが、さすがに去年、DeNAに負けた悔しさがあったのでしょう。

しっかりと調整をし、リーグ戦同様の戦いができたように思います。本当にカープの強さはテッパンでした。

ソフトバンク打線の粘りと投手の安定感

パ・リーグです。

ファーストステージは2位ソフトバンクと3位日本ハムの戦いになりましたが、結果的にはソフトバンクが2勝1敗でファイナルステージに進出。その中で感じたのは、ソフトバンクの打線の粘りと、投手陣の安定感でした。

初戦から初回に日本ハムに先制される嫌な展開でしたが、その裏すぐに打線がつながり柳田選手のタイムリーや、デスパイネ選手のホームランで一挙5点を奪う逆転勝ちで、その後の試合の流れをつかみましたね。

ファイナルステージは開幕から首位を一度も譲らず優勝した西武ライオンズとソフトバンクホークスの戦いになりました。

初戦に菊池投手がここ数年苦手にしてきたソフトバンク打線をしっかり抑え、打線もシーズン同様に爆発すれば西武ライオンズが勝ち抜けると期待をしていました。

しかし、ファーストステージを勝ち上がり、勢いのあるソフトバンク打線が16安打10得点と、西武のお株を奪うような猛攻で初戦を獲り、流れをつかみます。

次ページリーグ優勝したチームが日本シリーズに進出できない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT