「朝まで生テレビ」出演が多い大学ランキング

東大の次には意外なあの大学が……

『朝まで生テレビ!』への出演回数を集計!(撮影:尾形文繁)

30年以上も続くオールナイトの討論番組として、唯一無二の『朝まで生テレビ!』(毎月1回放送。以下、『朝生』)。

『朝生』では毎回、旬のテーマが設定され、それぞれ専門家が徹底的に討論する。出演者は、そのテーマについて造詣が深い、最新情報を持っている必要があることなどから、大学教授、評論家、ジャーナリスト、政治家が多い。

『朝生』出演で知名度を高めた専門家

これまで『朝生』ではさまざまなテーマが議論され、いっとき、社会的な影響力を持ちうることもあった。『朝生』での発言が物議を醸すこともあった。そして、『朝生』出演で知名度を高めた専門家がいた。彼らは『朝生』文化人と呼ばれ、論壇、ジャーナリズム、果ては政界まで、新しいスターの出現を期待する向きがあった。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

しかし、残念ながら、『朝生』が元気だったのはせいぜい2000年代前半ぐらいまでで、いま、大きな話題になることはなくなった。

こうしたなか、2018年元旦に放映された『朝生』は久しぶりに注目されることとなった。この回のテーマは憲法9条と安全保障問題。ユーチューブなどネットで何回も再生され、『朝生』のシーンが拡散されたのである。

もっとも物議を醸したのが、芸人のウーマンラッシュアワー村本大輔だった。また、村本にからんだ井上達夫(東京大法学部教授)、三浦瑠麗(東京大政策ビジョン研究センター講師)も目立った。

次ページ『朝生』出演の教員が多い大学ランキング
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。