「飲酒量が多いほど」生涯未婚率が高まる事情

酒と結婚は切っても切れない深い関係がある

2006年と2016年の厚生労働省「国民健康・栄養調査」から、コーホート別(2016年30代は2006年20代として比較)にこの10年間での変化を見ると、20~40代(グラフ上は30~50代)はいずれも10年後は飲酒習慣者の割合が増加しています。60~70代になるにしたがって、特に男性の飲酒習慣者が激減しています。

「飲酒習慣者」とは、週に3回以上飲酒し、飲酒日1日あたり1合以上を飲酒すると回答した人を指します。アルコール市場への影響という点で言えば、「若者の酒離れ」というより、人口構成比が増えた「高齢者の酒離れ」の影響のほうが大きいのです。

「国民健康・栄養調査」には、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者」の調査結果もあります。1日当たりの純アルコール摂取量が男性で 40g 以上、女性 20g 以上というのがその基準ですが、わかりやすく言うと、毎日お酒を飲む人であれば男性で1日2合以上(ビールの中瓶換算で2本)、女性で1合以上の人が該当します。日本の地域ブロック別で、男女各々の平均値との差分比率で比較してみました。

飲酒量が多い地域はどこか?

これによると、男性は、北陸、東北と南九州が最も高く、東海や近畿はあまり飲みません。一方、女性は、北海道と近畿Ⅰ(大阪・京都・兵庫)が突出して高くなっています。

次ページ飲酒量が多いと未婚率も高くなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT