残念な営業が見落とす「お客様目線」の大原則

デキる営業マンほど「押し引き」上手だ

「お客さま目線」になるためには、どうすればいいのでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA)
営業、交渉力などの研修講師として5000人以上を指導してきた大岩俊之氏による連載「すぐに使える営業の心理学」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

実は多い「自分目線」で話す営業マン

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

今回のテーマは、心理学用語でいう「心理的な視点取得」です。営業マンは、つねに「お客さま視点」でなければいけません。そこで、この「心理的な視点取得」を活用すると、日頃の営業活動にどのような影響を与えるのかを見ていきます。営業マンにとっては非常に基本的なことですが、意外にできていない人が多いので、ご自身の営業スタイルを思い描きながら読み進めてみてください。

営業マンの多くは、実は自分を振り返るのが苦手です。それを克服するには、まず自分が商品やサービスを購入する側になったときのことを思い出すことです。自分自身がお客さまとなって、家電やマイカーを購入するとき、もしくは保険を契約するときなどをイメージするといいでしょう。

次ページあなたはどちらの店員さんからテレビを購入しますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。