残念な営業が見落とす「お客様目線」の大原則

デキる営業マンほど「押し引き」上手だ

「お客さま目線」になるためには、どうすればいいのでしょうか(写真:Kazpon/PIXTA)
営業、交渉力などの研修講師として5000人以上を指導してきた大岩俊之氏による連載「すぐに使える営業の心理学」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

実は多い「自分目線」で話す営業マン

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

今回のテーマは、心理学用語でいう「心理的な視点取得」です。営業マンは、つねに「お客さま視点」でなければいけません。そこで、この「心理的な視点取得」を活用すると、日頃の営業活動にどのような影響を与えるのかを見ていきます。営業マンにとっては非常に基本的なことですが、意外にできていない人が多いので、ご自身の営業スタイルを思い描きながら読み進めてみてください。

営業マンの多くは、実は自分を振り返るのが苦手です。それを克服するには、まず自分が商品やサービスを購入する側になったときのことを思い出すことです。自分自身がお客さまとなって、家電やマイカーを購入するとき、もしくは保険を契約するときなどをイメージするといいでしょう。

次ページあなたはどちらの店員さんからテレビを購入しますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT