メールの印象が悪い人が知らない小さなコツ

単語を1つ変えるだけで印象が良くなる

言葉の使い方ひとつで、メールの印象は変わります。相手に気持ちよく受け取ってもらえる例文を紹介(写真:oatawa / iStock)
主にビジネス書作家のデビューを支援するフリーの出版プロデューサーである亀谷敏朗氏による連載「伝わる文章術」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

私は仕事柄、手紙を送ることは多いほうだと思います。メールで送ることもありますが、面識のない人にはほぼ手紙で送っています。

よいと思った文章はまねしなさい

いまでは自分のオリジナル表現のように使っている文面でも、本をただせば、もらった手紙からよいと思った表現を使わせてもらっているものが多々あります。たとえば、こちらからの依頼を承諾してもらったとき、昔はこうお礼を書いていました。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

【例文A】
今般は、ご多忙にもかかわらず、執筆をご承諾いただき誠にありがとうございます。

しかし、ある団体から講演の仕事の依頼があり、それを引き受けたとき先方から次のような返信をもらいました。

【例文B】
今般は、ご多忙にもかかわらずご快諾いただき誠にありがとうございます。

「承諾」と「快諾」は、依頼を受けるという点では同じです。しかし、快諾という表現のほうが、より気分よくことが運んでいる印象を受けます。それで、以後は私も「ご承諾」ではなく「ご快諾」を多用することにしました。実際の経緯はどうあれ、「ご快諾いただき」とお礼を述べられたら、何かよろこんで引き受けたような気になってくるものです。

次ページ言葉の使い方ひとつで、手紙の印象は変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。