「世界最大」のアップル製品収集が消滅の危機

オーストリア男性が後援者を募集

 10月17日、1980年代から米アップル製コンピューターの修理を請け負い、個人としては世界最大の可能性を自称するアップル製品の収集家であるオーストリア人男性のコレクションが、消滅の危機に瀕している。写真は先月28日撮影(2018年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 17日 ロイター] - 1980年代から米アップル製コンピューターの修理を請け負い、個人としては世界最大の可能性を自称するアップル製品の収集家であるオーストリア人男性のコレクションが、消滅の危機に瀕している。

男性は、ローランド・ボルスキーさん(55)。収集した古いアップル製コンピューターは1100台余りで、民間のアップル製品収集としては世界最大と主張するプラハのアップル博物館の472点をはるかにしのぐという。

しかし、アップルが今年2月、ウィーンに1号店をオープンし、ボルスキーさんの会社が請け負っていた修理事業を手掛けることになり、ボルスキーさんは廃業を決断。収入が枯渇したため収集品を保管している倉庫の家賃が払えなくなったという。

ボルスキーさんは、収集品を展示し、2万─3万ユーロの借金を返済してくれる後援者が見つかればと願っている。

もし後援者がすぐに見つからなかったらと質問されると、ボルスキーさんは「破壊されることになる。一番悩ましいことだ」と語った。

ボルスキーさんは、すでにウィーンで行われた期間限定の展示に収集したコンピューターを出品しているが、恒久的な保管場所を見つけたいとし、どこでも、展示してもらえる場所があれば嬉しい」と話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT