「ジブリ」中国初の展覧会で見せたこだわり

現地主催者は求められる質の高さに困惑

スタジオジブリの展示会が中国・上海環球金融中心で開催されました(写真:HILLS LIFE)
スタジオジブリの中国初進出となる展覧会「吉卜力的世界|World of GHIBLI in China」が、7月1日〜10月7日まで森ビルグループが運営する中国・上海環球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)にて開催されて大きな話題に。
そこで展覧会の実現に携わった3人のキーパーソン、星野康二 スタジオジブリ 代表取締役会長、橋田 真 スタジオジブリ イベントプロデューサー、矢部俊男 森ビル メディア企画部部長に話を聞きました。

展示は上海開催向けに作ったオリジナル

矢部俊男 上海環球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)の4階と94階で展覧会「吉卜力的世界(World of GHIBLI in China)」が開催されました。

星野康二 来場者は上海の人が多いですね。予想以上に、若い人も来場したそうです。

橋田 真 開始以来、動員数が伸びているとか。

矢部 4階の「龙猫上映30周年纪念 – 吉卜力的的艺术世界(『となりのトトロ』上映30周年記念─ジブリのアートの世界)」はフォトスポットを、94階の「天空之城 – 吉卜力的的飞行梦想(天空の城─ジブリの飛行夢想)」はすべての展示を撮影可能にしているので、SNSによる情報拡散の影響が大きいでしょうね。中には、94階の展示風景を撮ったショートムービーを投稿している人もいました。

星野 今回の展示は、2つとも上海での開催に向けて作ったオリジナル。スタジオジブリにとって、初の中国大陸進出でもあります。

4階の「龙猫上映30周年纪念 – 吉卜力的的艺术世界(『となりのトトロ』上映30周年記念─ジブリのアートの世界)」のフォトスポットでは自由に撮影できる(写真:HILLS LIFE)
次ページ中国で展覧会を開いたきっかけは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。