欧州高級車メーカーのEVはテスラに迫れるか

2019年から集中投入も性能横並びで激戦必至

メルセデス・ベンツが初めて市販するEVの「 EQC」。10月14日まで開催中のパリモーターショー2018に出展され、来場者の注目を集めた(記者撮影)

「テスラの実力は、既存のメーカーの電気自動車(EV)が出そろってみないとわからない」。2012年、アメリカ・シリコンバレー発祥の新興メーカー、テスラが他社に先駆けてSUV(スポーツ多目的車)のEV「モデルX」を発表した頃、自動車メーカーの幹部や業界関係者は、しきりにこう発言していた。

パリモーターショーの会場にはテスラもブースを設けた。「モデルS」など市販3車種を展示して、パイオニアとしての地位を見せつけた(記者撮影)

フランスのパリで10月14日まで開かれているパリモーターショー2018には、「メルセデス・ベンツ」を展開するダイムラー、ジャガー、アウディなど、欧州のプレミアムカーメーカーによる初めてのEVが出そろった。モーターショーが開かれたパリはガソリン車やディーゼル車の2030年までの販売・乗り入れ禁止を打ち出している。ドイツも同様の方針で、欧州では脱内燃機関の流れが急速に進む。現地メーカーのEVはひざ元でどのように受け入れられるのか。

メルセデスのEVは日本にも導入へ

来場者の注目をひときわ集めたのが、9月に発表されたばかりのメルセデス・ベンツ初の市販EV「EQC」だ。4輪駆動(4WD)のSUVモデルで前後にモーターを1つずつ搭載する。満充電での航続距離は450kmで、急速充電では80%までを40分で充電可能。2019年の欧州を皮切りに、2020年には米国で発売を開始する。日本でも「2020年をメドに導入する方針」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は話す。価格は未定だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ダイムラーは2016年にメルセデス・ベンツの電動車両ブランドとして「EQ」を発表。これまでプラグインハイブッド(PHV)車や48Vマイルドハイブリッド(HV)車、ディーゼルハイブリッド車、燃料電池プラグインハイブリッド車など、さまざまな電動車両を市場投入してきた。「スマート」ブランドを除けば、意外なことにEVの市販は初めてだ。

アウディ「e-tron 55 quattro」がお披露目。2015年にコンセプトカーとして登場したEVがついに市販化される(記者撮影)

フォルクスワーゲン(VW)グループのアウディは「e-tron 55 quattro」の市販化を発表。こちらもEQCと同じく2モーターの4輪駆動SUVだ。航続距離は400kmで急速充電は30分での80%充電に対応している。販売は2019年前半を予定する。

次ページアウディは次世代EVもお披露目
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。