ベンツにボルボ、「輸入車」人気再燃のワケ

小型車・SUVが充実、消費の2極化も加速

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボのSUV(スポーツ多目的車)「XC60」。内外装のデザインや安全装備の充実度などが評価された(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)

「とにかく、いちばん安全な車が欲しいのですが……」

スウェーデンの自動車ブランド、ボルボの販売店には最近、こんな要望を持ってやってくる顧客が増えているという。ボルボはこの12月、SUV(スポーツ多目的車)の「XC60」が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は、「予防安全性能で、ボルボとメルセデス・ベンツ、そしてスバルなど国産車を横並びにして比較することなど、以前は考えられなかった」と驚く。実際ボルボの国内販売は、2017年1~11月に前年同期比8.8%増の1万3989台となっている。

国内での輸入車(外国メーカーの乗用車)の販売が好調だ。2017年の新規登録台数は1997年以来、20年ぶりに30万台を突破する可能性が高い。11月までで27.3万台(前年同期比3.6%増)となっており、昨年12月の実績である3万台を単純に上乗せしても30万台を超える。

乗用車登録台数(軽自動車含む)に占める輸入車シェアは2009年の4.1%(軽自動車除けば6.0%)から2016年は7.1%(同10.5%)へと上昇。国内の乗用車市場が縮小傾向にある中、輸入車はなぜ販売台数を伸ばしているのか。

小型車やSUVのラインナップを充実

メルセデス・ベンツは「GLAクラス」などのSUVや小型車のラインナップを拡充した(写真:Daimler)

理由の一つに各メーカーが新型車種を相次いで日本市場に投入してきたことがある。輸入車販売トップの独メルスデス・ベンツは、代表車種である「Cクラス」「Eクラス」(500万〜1000万円)に加えて、300万〜400万円ほどのコンパクトカーである「A」「B」「CLA」「GLA」を投入してきた。これまで「ベンツは高嶺の花」と考えていた30〜40代の比較的若い層の取り込みに成功した。

また、近年はGLAのほか、「GLC」「GLE」「GLS」など、400万〜1000万円のSUVのラインナップも充実させた。国産・輸入車メーカーの中で最多の7車種をそろえたことで、国産のミニバンなどからの乗り換えが増えた。「2016年はベンツとして世界で”SUVイヤー”と銘打って販売に力を入れた。その結果、国内でも2017年のSUVの台数はこの2年で4割以上伸びている」(メルスデス・ベンツ日本)と成果を強調する。

次ページ近年は高価格帯が売れている
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT