ベンツにボルボ、「輸入車」人気再燃のワケ 小型車・SUVが充実、消費の2極化も加速

拡大
縮小
日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボのSUV(スポーツ多目的車)「XC60」。内外装のデザインや安全装備の充実度などが評価された(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会)

「とにかく、いちばん安全な車が欲しいのですが……」

スウェーデンの自動車ブランド、ボルボの販売店には最近、こんな要望を持ってやってくる顧客が増えているという。ボルボはこの12月、SUV(スポーツ多目的車)の「XC60」が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は、「予防安全性能で、ボルボとメルセデス・ベンツ、そしてスバルなど国産車を横並びにして比較することなど、以前は考えられなかった」と驚く。実際ボルボの国内販売は、2017年1~11月に前年同期比8.8%増の1万3989台となっている。

国内での輸入車(外国メーカーの乗用車)の販売が好調だ。2017年の新規登録台数は1997年以来、20年ぶりに30万台を突破する可能性が高い。11月までで27.3万台(前年同期比3.6%増)となっており、昨年12月の実績である3万台を単純に上乗せしても30万台を超える。

乗用車登録台数(軽自動車含む)に占める輸入車シェアは2009年の4.1%(軽自動車除けば6.0%)から2016年は7.1%(同10.5%)へと上昇。国内の乗用車市場が縮小傾向にある中、輸入車はなぜ販売台数を伸ばしているのか。

小型車やSUVのラインナップを充実

メルセデス・ベンツは「GLAクラス」などのSUVや小型車のラインナップを拡充した(写真:Daimler)

理由の一つに各メーカーが新型車種を相次いで日本市場に投入してきたことがある。輸入車販売トップの独メルスデス・ベンツは、代表車種である「Cクラス」「Eクラス」(500万〜1000万円)に加えて、300万〜400万円ほどのコンパクトカーである「A」「B」「CLA」「GLA」を投入してきた。これまで「ベンツは高嶺の花」と考えていた30〜40代の比較的若い層の取り込みに成功した。

また、近年はGLAのほか、「GLC」「GLE」「GLS」など、400万〜1000万円のSUVのラインナップも充実させた。国産・輸入車メーカーの中で最多の7車種をそろえたことで、国産のミニバンなどからの乗り換えが増えた。「2016年はベンツとして世界で”SUVイヤー”と銘打って販売に力を入れた。その結果、国内でも2017年のSUVの台数はこの2年で4割以上伸びている」(メルスデス・ベンツ日本)と成果を強調する。

次ページ近年は高価格帯が売れている
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT