寝不足時の運転があまりにヤバい科学的根拠

最悪の場合、逮捕される可能性も

単なる睡眠不足でも、時間帯によってドライバーのパフォーマンスが大きく下がる(写真: プラナ/PIXTA)
40代男女の約半数が睡眠時間が6時間未満など、近年「睡眠不足」の問題に注目が集まっている。「働き盛りともなれば、朝スッキリ目覚めないのが当たり前」「週末に寝だめしてるから大丈夫」という人もいるだろうが注意してほしい。適切な睡眠時間をとらないと、いったいどうなるのか? 睡眠医学の第一人者である秋田大学医学部教授の三島和夫氏が「日本人の睡眠不足のリスク」について解説する。

「睡眠障害」がきっかけで交通事故

私たち睡眠医療の従事者が、一様にため息を漏らしたくなるニュースが飛び込んできたのは、2018年5月のことです。「睡眠障害」で、全国初の逮捕者が出たのです。

「危険運転致傷の疑いで、東京都江戸川区の運送業の男(60)を逮捕!」

まだ記憶に新しい話題ですが、逮捕された容疑者は、2018年1月に軽ワゴン車を運転中に、睡眠障害が原因と見られる居眠りをして男性をはね、全治約6カ月の重傷を負わせています。報道によると、2014年以降、19件の交通事故を起こし、そのうち7件は人身事故とのこと。これまでに3度も免許停止処分を受けていたそうで、かなり悪質です。

刑罰のある「危険運転致傷罪」は、従来なら飲酒運転による死亡事故というイメージがありましたが、今回は「睡眠障害」が適用されたことで、医療関係者の耳目を集めました。

次ページ危険運転による刑罰が格段に重くなった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT