「産後クライシス」は、いつ終わるのか?

妻の機嫌が悪いのは、最初の半年なのか

無自覚すぎる、夫たち

ではなぜ、産後クライシスは長く尾を引くのか?

ひとつは、この時期の妻が、”極限状態”にあることと大きく関係しています。

取材した女性の多くは、「これまで生きてきた中で、こんなにも自分の生き方が変わることはなかった」と語ります。産後の子どもの世話で眠れず、息のつけない日々を送る妻は、体力的にも、精神的にもぼろぼろ。産後のキャリアはどうなるのかといった社会的な不安まで抱え、かつてなくセンシティブになっています。そして、この時期の夫の行動を、彼女たちは本当によく観察しているのです。

もし、身近に子育てを経験した中高年の女性がいるなら、ためしに「産後に夫にされて腹がたったエピソード」を聞いてみてください。

注目すべきは、その再現性の高さです。何十年も前のこと を、まるで昨日の出来事のように語る女性たち。その姿を見れば、産後の夫の行動は長期記憶に刻み込まれる、ということを実感していただけると思います。

さらにこの問題の根が深いのは、夫が“無自覚に”地雷を踏んでいる場合があるということです。たとえば、視聴者へのアンケートなどでも以下のようなものがありました。

「里帰りから戻った自宅が、『赤ちゃんが住めるわけがないだろ』的なゴミ屋敷にされていた」

「夫が育休を取ってくれたはいいものの、自分の趣味にほとんどの時間を費やした」

「子どもがまだ3カ月くらいのときに、バイクの免許を取ろうかなと言い始めた」

育休時の趣味や、バイクのケースなどは、夫に無邪気さすら感じます。

これほどのケースでなくても、例えば「赤ちゃんが小さいうちに泥酔して帰宅した」経験はありませんか?こうした行為も無自覚という意味では、おそらくさほど変わりません。

人間は本当に追い詰められたとき、相手の無自覚な言動に、その人の本質を見た思いがするものなのでしょう。そして産後は、まさにそうした時期のひとつなのです。

次ページ夫の立場もつらい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT