あなたが知らない中国人のニュース閲覧事情

ユーザー1.5億超のアプリの裏側を探る

中国で急成長しているニュースアプリとは?(写真:4X-image/iStock)

「あなたが興味あるニュースこそ、ヘッドライン(トピックス)である」――。中国で急成長しているニュースアプリ「今日頭条(Toutiao)」のサービスメッセージです。2016年時点でアクティブユーザーが1億5000万人、運営会社の想定時価約2兆2000億円弱というこのアプリ。編集者もおらず、徹底したパーソナライズと動画を中心としたコンテンツの豊富さがウリ。動画投稿サイトやSNS機能、EC機能も兼ね備えています。一体、どんなニュースアプリなのでしょうか。

今回話を伺ったのは、ヤフー社員で中国出身の秦潔羽と周甜。ヤフーが広告事業を提携する中国インターネット検索大手「百度」推進チームのメンバーです。百度がもつ中国オンラインマーケティングでの影響力を元に、日本企業に中国で成功するマーケティングソリューションを提供する業務を行っています。

背景には中国の「インターネットプラス政策」

――「Toutiao」について知りたいです。

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

:前提として、中国では「インターネットプラス政策」が展開され、あらゆるものすべてがオンライン化しています。ネットがインフラ。産業も含めネットの上にすべてを乗っけていると考えてください。例えば「石油」でもエネルギーではなく、まずオンラインで何ができるかを考え、その上で石油産業をやろうと考えます。

中国のメディアも同じです。「二微一端」と言いますが、政府はメディアにToutiaoを含めたオンラインプラットフォームからの情報配信を義務付けています。中国では月に1軒は紙媒体の会社がつぶれているとも言われ、オンラインでの情報収集が常識となっています。紙媒体でもオンラインで積極的に情報発信し、いろんな出面で読めるようにするのは、メディアの影響力を最大化するために合理的なことなのです。

:2015年に政府が出した統計データでは、スマホでニュースを見る人が約5億1800万人。全体の8割が24歳~44歳で、ある程度学歴を持っている人がメインです。さらに、Toutiaoの場合は、「三級都市」に住むユーザーが多いと公表しています。

次ページ2014年に普及し始めたToutiao
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT