「古いiPhone」の魅力が急上昇している理由

アップルがしてくれた2つのこと

手持ちの古いiPhoneをあきらめないで!(イラスト:Minh Uong/The New York Times)

アップルの旧型iPhoneユーザーへの対応がすばらしすぎて、新機種への買い換えなんて考えられない。

筆者は、今年は新型に数百ドルを投じるのをやめて手持ちのiPhone6を使い倒そうと思う。なぜならアップルのおかげで、年季が入っているにもかかわらず私のiPhone6はこれまでになく調子がいいからだ。

アップルが行った2つの「英断」

これは時価総額1兆ドルを誇る企業アップルが採った、これまでにない2つの施策の結果だ。1つは9月に発表された新しい基本ソフト(OS)の「iOS12」だ。最新型のiPhoneの優れた機能を支えるだけでなく、旧型の動作も劇的に改善する。

もう1つは、劣化したiPhoneのバッテリーの交換に安価で応じるとした9カ月前の決断だ。この交換プログラムは今年いっぱい続けられる。これら2つの効果で私の老いぼれiPhoneはすっかり若返り、まだ何年も使えそうな勢いだ。

アップルの経営陣が純粋な親切心からこうした対応を取ったとは思わない。ティム・クックCEOはバッテリー交換プログラムについて「顧客のために行う正しいこと」だと述べたが、古い機種を長く使えるようにすることはまさにこれに当てはまる。だがこれは、一部ユーザーが買い換えを先延ばしにするとしても、長期的には投資家に繁栄をもたらすことにつながる賢いビジネス手法でもある。

アップルは魅力あふれる新製品の価格を引き上げると同時に、価格にうるさい消費者に長く使える信頼性の高い製品を供給して企業イメージを向上させるというビジネス戦略を見つけたのかもしれない。ただしこのような記事が出たせいで大量の買い控えが起きたりしないかぎりだが。

さて私のiPhoneを若返らせ、4年近く前に最初に買った時にはなかった機能を付与した「魔法」とはいったいどんなものなのか。

実のところ、斬新なものは何もない。私の旧型iPhoneが若返り始めたのは2月。割引プログラムのおかげで、劣化しつつあったバッテリーは通常なら79ドル(保証外の場合)のところ、29ドルで交換できた。

次ページ「わざと買い換えを促した」疑惑もあったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。