チョーヤが目指す「オンリーワン戦略」の凄み

「梅酒という言葉を忘れさせたい」

金銅社長は「日本人が梅酒という言葉を忘れる日を目指したい」と、意外な言葉を口にします。

今や競合他社が300を超えると言われる梅酒業界。その中で勝ち抜くには、チョーヤが梅酒の代名詞になるくらいの頑張りが必要だ、ということです。実際に、輸出先の東南アジアや中国では、梅酒という言葉ではなく「チョーヤ」という名前で通っているそうです。日本でも、店頭で「梅酒をください」ではなく「チョーヤをください」と言ってもらえるようにしたい、との思いからです。

梅酒作りができる体験型店舗をオープン

その思いを実現するため金銅社長が重要視しているのが、「ミレニアル社員」の活性化です。ここで、ミレニアルは千年紀の意味で、主にアメリカで1980年代から2000年代初頭に生まれた世代を言います。インターネット時代の申し子というべき人たちで、同社では20代から30代後半までの社員を意味します。伝統的な産業だからこそ、こうした若手の意見も積極的に取り入れていきたい、と考えているのです。

その1つの表れが、前述の「The CHOYA」ブランドです。開発に携わった主力は、30歳代のミレニアル世代でした。そしてもう1つの新しい動きが、「蝶矢(ちょうや)」という店舗です。京都の中心・錦市場の近くに、梅酒作りができる体験型店舗として、この4月にオープンしました。「これも、30代後半の社員の発案です。彼はこの企画に情熱を燃やし、私が3~4回稟議を突き返しても、再度提案してきました。ただ、実施するに当たっては実験店舗では駄目だ。店のオーナーとして儲かるビジネスモデルにしなさい、と言いました」(金銅社長)。

京都にある「蝶矢」の外観(写真:チョーヤ)

自分好みの梅酒が作れるということで、梅酒作りを経験したことのない若い世代に大人気。予約は順番待ちという盛況です。

「蝶矢」店内での手作り体験(写真:チョーヤ)

現在のコーポレートスローガン「とどけ、梅のちから。」は、伝統と革新を合言葉に日本の梅を守っていこう、という社長、社員の熱い思いを代弁しています。そしてこのスローガン、専門家のコピーライターなどではなく、社員が考えたものだそうです。熟練社員への感謝とミレニアル世代の積極活用。こうした社員尊重の風土から自然と生まれたスローガンなのです。そして一方で、社員の手が及ばない商品宣伝は、1970年代初めから50年近く続けてきたテレビCMが担っているわけです。

1959年に梅酒造りを始め、1980年代に売れ始めるまで実に20年近くかかりましたが、その苦労が「地道に、コツコツと」というチョーヤの営業風土を培いました。その地道な営業努力で、「The CHOYA」を先頭にした「梅のちから」が、日本のみならず世界の食卓に「とどく」ことを期待しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT