「アナログ仕事術」を徹底すると感動に繋がる

一ノ坪製作所の「仕事の進め方」に感動

社長と制服姿の従業員(筆者撮影)

一ノ坪製作所は、奈良県西部の香芝(かしば)市に本社を置き、今年6月に創業70周年を迎えました。一貫してスチール製品のOEM製造(相手先ブランド名の受託製造)を手掛けています。

この連載の一覧はこちら

特筆すべきはその相手先で、大手事務機器メーカーやハウスメーカーなど上場企業がずらりと名を連ねています。そうした大手メーカーの信頼に応えているのですから、さぞかし、IoT、ロボット機器など先端技術を駆使しているのかと思っていました。

「とんでもない、アナログもアナログです。アルバイトへの指導も自転車の乗り方を教えるように、手取り足取りです」と一ノ坪英二社長。従業員約100人、売り上げ22億円(2018年3月期)の企業の総帥は、アナログにこだわるゆえに超多忙な日々を送っていました。

自転車フレーム工場からスタート

一ノ坪という苗字は珍しいですが、兵庫県中西部の宍粟(しそう)市に多く見られるそうです。祖父の一ノ坪小市(こいち)氏が戦後に大阪で自転車フレーム工場を立ち上げました。その後、自転車フレームから製図台の脚部製造など利益率の高い事業に転換して、順調に業容を拡大。奈良県香芝市に土地を購入し1973年に新工場が竣工、翌1974年には本社も移転しました。

そして2008年、一ノ坪英二氏が3代目社長として就任。新社長としてまず力を入れたのが、さらなる新規大手取引先の開拓でした。そうは言っても、大手企業との窓口開設がそんなに簡単なことでないのは勿論です。

「新規取引なので、製造工程でその都度克服すべき課題が出てきます。それを一つひとつクリアしていくことで従業員が着実にレベルアップします」と英二社長。その課題克服の過程で、同社の独特な製造管理システムが機能していることを、工場見学で目の当たりにしました。

次ページ真ん中に大きな看板
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。