「アナログ仕事術」を徹底すると感動に繋がる

一ノ坪製作所の「仕事の進め方」に感動

一見キツイ工程管理を課しているので、従業員の皆さんはさぞ大変だろうな、と思うのですが、職場は意外なほど明るい感じです。そこには一ノ坪社長のさまざまな工夫があります。

「社風を作るのは社長の仕事です。たとえば毎日の決まりごととして、朝礼時のあいさつ合戦があります」

グループに分かれ、2カ月の総当たり戦です。“大きな声で”“相手より先に”“目を見て”“手を肩より上に上げて”などいくつかの採点ポイントで勝敗を決め、最終的な優勝グループに賞品が与えられます。

また年1回発行の「社内報」も社長主導です。全従業員の顔写真が載っているのですが、全員笑顔なのが印象的です。実は「笑顔でなければ載せません」とのこと。一ノ坪社長、結構ワガママです。

皆が楽しめる社内イベントも考えました。1年交替でバーベキュー大会と海外研修旅行があります。前回の研修旅行は、従業員全員で台湾に行き、ジブリで人気のスポット・九份(きゅうふん)散策、お菓子博物館・郭元益見学、そして趣向を凝らした夜の余興大会などで盛り上がりました。楽し気なスナップが「社内報」に掲載されています。

営業マンはほぼ3人

年2回発行の、会社の名前にちなんだ「ツボコミ」という小冊子もあります。同社のオリジナルのディスプレイスタンド「KANI」が映画『シン・ゴジラ』の作戦会議シーンに使われた、という囲み記事や、「KANIが」製品内覧会の様子がイラストで紹介されていたりします。

最後には、英字新聞ならぬ「英二新聞」というコーナーがあり、英二社長の日頃の思いがつづられています。この『シン・ゴジラ』が表紙の号では「アルバイトの方に仕事を覚えてもらうには、自転車の乗り方を覚えてもらうよう、身体を使って覚えてもらう」と書かれています。理詰めでなく、指導に暖かさが感じられる言葉です。

そしてこの冊子、実は同社の大切な営業ツールなのです。「わが社の営業活動は、私と元工場長、デザイナーの3人が主に担っています。原則、企業訪問をしないので、忘れられないよう取引先にこの冊子を送っているのです」と一ノ坪社長。ただ会社宛てではなく、先方の担当者ごとに名前を入れて送っているそうです。この手作り感も同社らしい心配りです。

工場内の大型機械(筆者撮影)

工場見学の途中で、高そうな最新機械をいくつか説明してもらった時に気づいたことがありました。社長が、天井までそびえる機械の説明を熱心にしてくれるのですが、正面に貼ってある紙が気になります。

「あれは、機械の導入年月、購入価格を貼っています。機械の価値を見える化しているのです」との説明。ここにも最新のデジタル機械と、手作りのアナログ表示が見事に融合しているな、と思いました。

人事管理手法も独特です。一ノ坪社長はさらりと言うのですが、年に2回、社員100人全員の個人面談をしているそうです。時間、労力とも大変な負担だと思うのですが、「これも社長の大切な仕事です」と言い切ります。デジタルの上に独自のアナログ手法を加えた現場を作り上げた社長ならではの、血の通った人事管理手法だと思います。

しかし、それやこれやで一ノ坪社長が超多忙。中小企業の社長はスーパーマンでなければいけないんだなぁ、とつくづく思いました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT