「玉掛け」一筋に邁進するユニーク企業の秘密

モノづくりにコトづくりを加えて体質改善

赤いクジラと吊り金具(筆者撮影)

大阪中心部の商業施設「HEP FIVE」の吹き抜けアトリウムに、真っ赤なクジラが泳いでいます。全長20メートル。その巨大なオブジェに、訪れる人たちは思わず目を留めます。

この連載の一覧はこちら

そのオブジェに、今回取り上げる大洋製器工業の吊り金具が使われています。高品質で長期使用にも耐える同社製品のおかげで、見事にバランスを保ち、今日も安全に空中を泳いでいます。

これは目立った例ですが、吊り金具自体、普段はそんなに表に出ません。なくてはならぬものではあるのですが、どちらかと言えば、陰で安全を支える地味な存在と言えます。

しかし、そんなお堅い製品を作っていても、会社はおもろくいこう、というのが大洋製器工業社長の岡室富夫氏の考え方です。同社の多岐にわたるおもろい取り組みを紹介します。

経営方針は「おもろい会社」

大洋製器工業は、大阪市西区に本社を置き、従業員約190人。シャックル、リングなどの吊り金具やコンテナの固定金具などを製造・販売する会社です。

実は7年前にも1度取材する機会があり、そのユニークな活動を記事にした覚えがあります。特に興味を引かれたのが、こうした金物メーカーには珍しいキャラクター、「シャックル犬」でした。

岡室社長と筆者(筆者撮影)

シャックルというのは、ワイヤロープの先端などに連結するU字形の連結金具のことです。このリングに犬が吸い込まれた、という見立てで、同社の女子社員がデザインしました。無味乾燥な吊り金具が、独自のキャラクターによってずいぶんと身近なものになります。社内だけでなく取引先にも人気で、筆者も当時、その被り物を体験させてもらいました。岡室社長と並んで笑っている写真が残っています。

次ページ明るい職場づくりが進化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。