傷病手当金で生きる26歳メンヘラ女性の苦悩

母親の「死」で家庭は完全崩壊してしまった

「働きだすと死にたくなる」と話す五十嵐さん(編集部撮影)

「ずっと座ってパソコン見て目が痛いし、頭痛がして疲れません? ずっと8時間パソコンやってると、頭がちょっとおかしくなる。今は何もしてないから大丈夫だけど、仕事していると、なんか知らないけど頭痛がしてくる。わかりますか?」

支離滅裂な話を聞きながら、彼女のようなメンヘラ女子はいったいどうすればいいのかを考えた。美人なので男性と同棲する、結婚するなどして生活を安定させることは可能性がある。出会い系アプリについて「アプリで見つけた男はどうですかね。やめたほうがいいですか?」と訊かれたので、どんどん会ったほうがいいんじゃないか、と答えておいた。

母親の「死」で家庭は完全崩壊

厳しい状況を迎えることになった理由を聞く。話が行ったり来たりして難航した。途切れ途切れの断片をつなげてみる。

父親とは仲が悪い。家庭崩壊状態である。父親は零細企業の工員で酒乱だった。子どもの頃から母親と3歳上の兄、それと五十嵐さんは怒鳴られる、暴力を振るわれる日常だった。収入が低い父親は子どもの教育には興味なく、大学は全部自分で奨学金を借りて進学しろ、という方針だった。兄も彼女も奨学金を借りて中堅大学に進学している。学生時代、空いている時間は喫茶店や居酒屋でアルバイトをした。

「大学の学費は全部奨学金で、生活費はバイトと高田馬場の学生ローン。奨学金は全部で500万円くらい、まだ十何年も返していかないと終わらない。大学のときにお父さんはお母さんが浮気しているとか疑って、DVがひどくなって、お母さんは大学4年のときにがんで死んじゃいました。それから精神的に一気におかしくなった」

母親の話になると、感情が高ぶって涙が浮かぶ。母親の死で家庭は完全崩壊となった。兄は父親と絶縁して家を出て、五十嵐さんは気分の浮き沈みが激しくなった。やる気が起きない状態でなんとか就職活動して、得意なプログラミングを生かそうとIT系企業に新卒入社した。

社会人になって会社の近くに引っ越して一人暮らしをした。IT企業なので給与は高めで手取り20万円ほど。家賃7万円、奨学金2万円、学生時代の学生ローンの返済をしても生活に大きく困ることはなかった。入社2年目あたりから頻繁に気分が沈むようになり、朝起きるのがつらくなって、人とうまくコミュニケーションがとれなくなった。出社できなくなることも増えた。

次ページ主治医に誘われて、ホテルに行ってやっちゃった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。