試合で見かけた、大坂なおみ「モノマネ芸人」

連日トンカツを食べている?

決勝戦終了後に記者会見に応じた大坂なおみ選手(撮影/福井しほ)

東レ・パンパシフィック・オープン2018(東京・立川)最終日が行われた23日、プリスコバ(チェコ)との決勝で4-6、4-6のストレート負けし、日本凱旋優勝はならなかった大坂なおみ選手(20)。

「太坂なおみ」を名乗る芸人

会場には新女王の優勝を見届けようと大勢のファンが詰めかけていたが、ひときわ注目を集めたのは、大坂選手に扮し、ミニチュアトロフィーとトンカツの食品サンプルを持った奇妙な男。一般人かと思いきや「太坂なおみ」を名乗る芸人だった。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

その名の通り、アスリート体型とは程遠く、黒色のテニスウェアでも引き締まらないでぷっとしたお腹はやや汗ばんでいる。それもそのはず、体調管理のために大好きな“カツ丼断ち”をしている大坂選手に代わって(?)、連日トンカツを食べているのだとか。身長160センチ、体重95キロ。

「体重だけは大坂さんに勝っています。大会期間中は毎日トンカツ。大盛りです」と太坂選手は満面の笑み。

トロフィーとカツカレーを持って撮影に応じた太坂なおみさん(撮影/福井しほ)

普段はベビーシッター芸人としても活動する2児の父親でアメリカンポリスコントがお得意のよう。そこに「太坂なおみ芸」とトンカツというハイカロリーさだ。

次ページ全米オープンの前から密かにものまねをしていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。