試合で見かけた、大坂なおみ「モノマネ芸人」

連日トンカツを食べている?

今回のなおみフィーバーに乗じて現れたわけではなく、全米オープンの前から密かにものまねをしていたという。大坂選手の試合を生で見るのは今日が初めて。4日間並び続け、ようやく手にしたのが決勝戦のチケットだった。

「2枚持っている人が声をかけてくれて何とか入れました。新幹線サーブ、速かった。ただ相手もめちゃくちゃすごかったですね。ラインギリギリを攻めるし、初めてだけどとんでもない試合だった」

と興奮気味に語った。

「小坂なおみ」も忘れてはいけない

大坂選手のものまねといえば「小坂なおみ」も忘れてはいけない。<155センチ、小柄で小太り>が特徴だ。2017年のR-1ぐらんぷりに大坂選手のものまねで挑むも初戦で敗退しているが、今や各メディアに引っ張りだこに。ツイッターのフォロワーも急増したという。

惜しくも優勝は逃したが、対戦相手のプリスコバ選手が大坂選手を「未来の明るい選手」と評したことには変わりない。ものまね芸人たちも、まだまだ活躍できる?

(AERA dot.編集部・福井しほ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT