Netflixの「安くて、便利」は永続が難しい理由

「定額制動画配信サービス」に潜むワナ

定額視聴サービスは普及が始まったばかりで、サービス間の競争も激しい(撮影:長瀧菜摘)

NetflixやAmazonプライム・ビデオといった外資系動画配信プラットフォームの普及が進んでいる。定額で見放題であることに加え、テレビだけでなくスマホやパソコンなど端末を選ばず視聴できることも人気に拍車を掛けている。

ICT総研が2017年12月に発表した需要予測では、2017年末のサービス利用者数は1440万人。これが2020年末には有料動画配信サービスの利用者は2010万人になるとされている。個別課金(PPV)が減少に転じる一方で、定額制の伸びが著しく、2020年末にはPPV200万人(2017年末250万人)に対し、定額制が1810万人(同1190万人)になるという。また、同調査によると、定額制の利用率はAmazonプライム・ビデオが68%でトップ、次いでHulu(25%)、dTV(16%)、Netflix(14%)が続く。

利用者が増えるということは、売り上げも上がることが期待でき一見ポジティブなように思える。しかし、必ずしも良いことばかりではない。

NetflixとYouTubeの「稼ぎ方」の違い

8月23日、Netflixは日本での料金値上げを発表した。その値上げ幅が最大で350円(プレミアムプラン1450円→1800円)と大きいこと、また契約者への値上げの適用が翌月からと急であったことで、不満の声も上がった。

「それでもこれだけの作品が見放題なのだから、映画を数本見ることを考えたら安い」という意見もあるが、この値上げは今後も続く可能性が高い。Netflixは、サービスの機能向上に加えオリジナルコンテンツの制作や、人気コンテンツ調達に力を入れており、そのコストが利用料金に跳ね返ってきているからだ。

次ページNetflixのこだわり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT