20代の会社員が「コツコツ投資」で十分な理由

短期で儲けようとすると結局は失敗しやすい

コツコツ投資を20代から続けることの優位性について、もう少し見ていきましょう。

株式市場は一日一日の値動きだけを見ると、ランダムに動いているように見えますが、長期的に見ると上昇と下落を繰り返していることがわかります。また、個別株の株価は日々変動しますが、長期的に見ると企業価値に見合う水準に近づくと言われています。つまり、業績が堅調であれば、一時的に暴落してもずっと下落し続けるわけではなく、本来の価値に見合う株価水準に回復するということです。

実際、一貫して成長を続ける相場も存在します。たとえば、アメリカの代表的な指数であるS&P500種株価指数は、約20年前の1998年末には1231ポイントでした。しかし同国の成長を背景に、2018年9月21日現在、同指数は2929ポイントとなっており、9月20日には史上最高値を更新しています。途中では乱高下はあったものの、長期的に見ると一貫して上昇していることがわかります。

このように投資を長期間継続することで、短期的な相場の上昇や下落に左右されずに、投資対象の成長による恩恵を享受できるのです。

購入単価を下げられるので下落相場もメリットに

投資リスクを軽減する方法として分散投資が有名ですが、分散投資は大まかに分けて2つあります。1つはさまざまな資産クラスに投資する「資産分散」、もう1つが買うタイミングを分散させる「時間分散」です。

コツコツ投資は、長期間、積立投資を行うことで、「時間分散」の効果を得ることができます。

投資信託を購入する場合、毎月同じ金額を投資していれば、基準価額の下落局面でより多くの口数(投資信託の取引単位)を買い増しできます。こうすることで、たとえ最初に買った基準価額まで相場が回復しなかったとしても、基準価額が上昇した際には、投資元本以上の運用成績を上げられる可能性が高まります。つまり、積立投資によって買うタイミングを分散させることで、下落を味方につけ、元本割れリスクの軽減が期待できるのです。

次ページ「世界経済の成長の恩恵」が受けられる商品は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT