シンガポールが誕生日を7日前から祝うワケ

富裕層にお金を使わせる仕掛けが上手すぎる

日本では大人になると誕生日パーティーは子供の時よりも地味になる。だがシンガポールでは結構派手。いろいろな魂胆があるからだ(Rawpixel / PIXTA)

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。今回は誕生日の話をさせていただきます。日本では大人になると盛大に誕生日を祝うという文化が、あまりないのではないでしょうか。これはもったいないです。シンガポールやアメリカなどの海外では、いくつになっても誕生日は皆で盛大に祝います。家族や友達だけではありません。企業もバウチャー(商品やサービスの引き替え券)や各種の無料サービス、景品などを贈呈したりするのが一般的です。

豪華な誕生日プレゼント!でもちゃっかり来店させる

私が住んでいるシンガポールでどれくらい誕生日が盛大かというと、例えば、たった2歳の子供の誕生日のためにレストランやプレイグランド(遊び場)を借り切って盛大にお祝いをすることも珍しくありません。富裕層だけではなく、庶民も自分で貸し切りをしてくれる店を借りてゲストに振る舞う習慣が定着しています。

また、誕生日は個人レベルだけではなく、格好のビジネスチャンスでもあるのです。日本でも誕生月にはさまざまな企業から誕生日メールが届きますが、やはりシンガポールのほうが上です。

例えば、メンバーになっているエステサロンでは4000円分のバウチャー贈呈、レストランでは直径10センチ程度のケーキをキャンドル付きで出してくれました。また大手のアパレル企業などからはチョコレートや月餅の詰め合わせなどのプレゼントをもらいました。

ただし、です。贈答品の受け取りは、ちゃっかり店舗での引き渡しです。客を来店させれば新商品などを見せられるという狙いがアリアリです。誕生月は「15%割引」「8000円分のバウチャー」など(顧客の売上金額による)プロモーションも併せてあるので、私は定価で買う予定の物は、その月に買うようにしています。

次ページシンガポールなら、誕生日の1週間前からチヤホヤされる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT