20代マリコ「会社はのっぺりした平地だった」

懸命に登ってきた山の向こうにあったのは…

(イラスト:『マリコ、うまくいくよ』より)

社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。年齢も性格もばらばらの3人ですが、それぞれに会社員として働くうえでの葛藤や違和感を抱えています。

『マリコ、うまくいくよ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「今日も会議で意見が言えなかった」

「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」

「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。

それぞれのつぶやきが、なぜか自分のことのよう。過去の自分、現在の自分、未来の自分。もしかしたらあなたも、もうひとりのマリコかもしれません。

人気作家・益田ミリさんの新刊『マリコ、うまくいくよ』より抜粋して全3回でお届けします。第1回目は入社2年目のマリコのお話です。

会社にはおじさんとおばさんがたくさんいる…

次ページ若いねえ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT