20代マリコ「会社はのっぺりした平地だった」

懸命に登ってきた山の向こうにあったのは…

(イラスト:『マリコ、うまくいくよ』より)

社会人2年目、12年目、20年目。同じ職場で働く、3人のマリコ。年齢も性格もばらばらの3人ですが、それぞれに会社員として働くうえでの葛藤や違和感を抱えています。

『マリコ、うまくいくよ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「今日も会議で意見が言えなかった」

「〈会社用の自分〉に、自分がのっとられそう」

「後輩は増えるけど、年上の実感ってない」。

それぞれのつぶやきが、なぜか自分のことのよう。過去の自分、現在の自分、未来の自分。もしかしたらあなたも、もうひとりのマリコかもしれません。

人気作家・益田ミリさんの新刊『マリコ、うまくいくよ』より抜粋して全3回でお届けします。第1回目は入社2年目のマリコのお話です。

会社にはおじさんとおばさんがたくさんいる…

次ページ若いねえ
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。