最近の20代社員が「失敗」「挫折」を怖がるワケ

バカにしちゃダメ!挫折知らずが強いことも

「失敗が怖くてできない」と言われたら、どうすればいいのでしょうか(イラスト:OCEANS)
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同期から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。
20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

「挫折経験」って何?

今回のテーマは、「自信」です。我々オッサン世代の中には、「最近の20代は臆病で自信のないやつが多い」と言う人が少なからずいます。そして、そういう方の多くは、理由として「挫折経験の少なさ」を挙げます。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

曰く、親に大事にされて何不自由なく育ったために、障害や失敗を乗り越えて成功した経験が少なく、自信の無さにつながっているというわけです。実際、いまだに結構な数の会社で「挫折経験のあるやつを採れ」という号令がかかっており、エントリーシートなどでも「あなたの挫折経験は?」という質問の欄が多数あり、すくすく育ってきた学生たちを困らせています。「挫折とかないんですけど……」「なんで『挫折経験』を聞くのか、意味がわからない」と途方にくれています。

次ページ実は弱い「挫折経験のある人」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT