最近の20代社員が「失敗」「挫折」を怖がるワケ

バカにしちゃダメ!挫折知らずが強いことも

「失敗が怖くてできない」と言われたら、どうすればいいのでしょうか(イラスト:OCEANS)
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同期から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。
20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

「挫折経験」って何?

今回のテーマは、「自信」です。我々オッサン世代の中には、「最近の20代は臆病で自信のないやつが多い」と言う人が少なからずいます。そして、そういう方の多くは、理由として「挫折経験の少なさ」を挙げます。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

曰く、親に大事にされて何不自由なく育ったために、障害や失敗を乗り越えて成功した経験が少なく、自信の無さにつながっているというわけです。実際、いまだに結構な数の会社で「挫折経験のあるやつを採れ」という号令がかかっており、エントリーシートなどでも「あなたの挫折経験は?」という質問の欄が多数あり、すくすく育ってきた学生たちを困らせています。「挫折とかないんですけど……」「なんで『挫折経験』を聞くのか、意味がわからない」と途方にくれています。

次ページ実は弱い「挫折経験のある人」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT