将棋・羽生善治竜王が「弟子」をとらない理由

15歳で棋士に、師匠らとの思い出を告白

——羽生先生は15歳で棋士になって、対局、対局で忙しい日々。将棋以外に青春の思い出はありますか?

私がプロになった頃は、まだ世間の雰囲気ものんびりしていました。そんなに活動が制限されていたわけではないです。10代後半の頃、対局が終わって先輩に連れられて普通に夜の新宿とか歩いていても大丈夫でしたよ。今なら補導されるか、連れていった人もペナルティですよね。今はいろんなものがタイトすぎる感じはします。

弟子をとらない理由

——羽生先生は基本的にお弟子をとらないということですが、ご自身が培(つちか)ってきたものを伝えたいという気持ちはないのでしょうか?

将棋の世界は、こう教えたから育つというものではない気がします。基本的に自分の力で強くなっていくものです。

また、私が培ってきたものを伝えることが、本当にその人にとってプラスになるのか。そのときは自分ではすごくいいものだと思うかもしれませんが、本質的に伝えられる人にとってプラスかどうかは、また別の話だと思うのです。

『師弟 棋士たち魂の伝承』(光文社)書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

——羽生先生が話されていることや著書の中で書かれていることは、とても哲学的に感じるのですが、普段からいろいろなことに思考をめぐらせているのでしょうか?

自分で特に意識しているわけではないです。以前は移動中に本を読んでいましたが、最近は飛行機に乗ったらすぐに寝てしまいます。何かを考えている時間より、どこでも寝られることのほうが、最近は大切です。

——たくさんの記録を残されてきましたが、いちばん誇りに思うものは何でしょうか?

それは「年間最多対局」(2000年に樹立した89局)ですね。米長(邦雄)先生の記録を超えたときは感慨深いものがありましたが、自分で誇りに思うというよりも、正直、疲れた〜という感じでした。いったいどれだけの時間対局室にいたのだろうと。

羽生善治は永世七冠を達成したときに、「将棋そのものを本質的にわかっていない」と語った。自らの記録は「通過点」であり、長く膨大な研究の一端にすぎないという。彼が弟子をとるとすれば、「将棋とは何なのか」、その答えに近づいたときかもしれない。
最後に、年間最多対局に触れたときだけ、少し自分を称えるように笑った。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT