将棋AI「HEROZ」上場、株価急騰で問われる実力

社員数わずか39人、時価総額は1400億円に

HEROZの創業者である林隆弘CEO(左)と高橋知裕COO(右)。NECの同期入社で、2009年にHEROZを立ち上げた(撮影:今井康一)

1日の対局数は25万局――。将棋対戦アプリの中で屈指の人気を誇る「将棋ウォーズ」の運営会社HEROZ(ヒーローズ)が4月20日、東証マザーズに上場した。

投資家の期待が高く、上場初日から買い注文が殺到。初日、2日目とも売買が成立しなかった。3日目の24日、公開価格4500円の10.9倍となる4万9000円でようやく初値を付けた。同日終値(4万2000円)で計算した時価総額は1400億円にのぼる。株価について林隆弘CEO(最高経営責任者)は、「あくまでマーケットが決めること。僕らがどうこう言うことではない。やれることをしっかりやっていく」と冷静に受け止める。

将棋対戦アプリが大ヒット

同社の主な事業内容は、AI(人工知能)を活用したインターネットサービスの企画や開発、運営。収益の柱は、冒頭の将棋ウォーズに代表される消費者向け(BtoC)サービスだ。

HEROZの稼ぎ頭である将棋対戦アプリの「将棋ウォーズ」。4月時点でダウンロード数は440万回を超えた(写真:HEROZ)

将棋ウォーズは2012年に配信がスタート。「堅い」という将棋の印象を一変させるデザイン性が、多くのユーザーを引き付けている。国内の将棋人口が約1000万人と言われる中、ダウンロード数は440万回を突破。林CEOは将棋のアマ六段で大学在学中に学生名人になった経緯もあり、目をつけたのが将棋だった。

1日3局までは無料で対戦することが可能で、月額600円で1日の対局数制限を外すこともできる。さらに同コンテンツで人気なのが120円の課金で自分の代わりに5手連続でAIに指してもらうサービス。この代行指しをしてくれるのが「Ponanza(ポナンザ)」という将棋AIだ。2017年に将棋の佐藤天彦名人に2戦2勝した最強の将棋AIで、初心者でも将棋の楽しさを味わえる工夫が人気の理由の1つになっている。

次ページなぜ上場という選択をしたのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。