なぜ高学歴者はがんの「民間療法」に挑むのか

がん患者に医者がどうしても伝えたい本音

ですから、がんの患者さんへお伝えしたいことがあります。それは、代替医療をやっていることを医師に伝えてほしいのです。サプリから健康食品、漢方、気功など何でも結構です。

教えていただきたい理由は2つあります。1つは「その代替医療が病院で行っている治療に影響がある可能性があるから」です。そしてもう1つは、「あまりに高額なものを使わされて、詐欺のようにお金を吸い上げられていることがあるから」です。

現状では、患者さんはほとんど代替医療をやっていることを医者に伝えていないようです。先ほどのアンケートでは、「補完代替医療を利用している患者の61%は、主治医に相談していない」という結果でした。

「怒られるのではないか」と気にする必要はない

こんなことを言うと、「そんなことを主治医に言って怒られるのではないか」とおっしゃる方がいます。

しかし、もはやそんな時代ではありません。医者が患者さんを怒る、しかる時代は終わりました。患者さんが良くなることが、大事です。ですから、患者さんの健康に関する情報は、把握したいのです。ぜひ、伝えてください。

『医者の本音』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

そして、がん患者さんの診療に携わるすべてのドクターの皆さんへも伝えたいことがあります。それは、患者さんに、「何かサプリなどを使っていますか?」と聞いてみてほしい、ということ。代替医療には思わぬ副作用が隠れていることもありますから。

タイミングについては、まずは初診時がいいでしょう。再発や増悪などのタイミングでも繰り返し聞くようにしてください。そして、くれぐれも「頭ごなしに否定しない」ことが重要です。治療を受けるのは患者さんであり、治療方法を決めるのはガイドラインでも医師でもなく、患者さん本人だからです。ちなみに私は、患者さんにこう言っています。

「サプリなどの代替医療でがんの治療効果が証明されたものはありません。ですから、禁止をするわけではありませんが、あまり高価なものはやめておいてください」

最後に、私は代替医療そのものを全否定する立場ではありません。頻繁に処方する漢方薬がありますし、鍼灸はその効果を自ら体験することで実感しています。そして、場合によっては治療効果のあり・なし以外に価値があるケースも知っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。