アジア大会「金6つ」の池江璃花子がMVP

女子選手で初の快挙

 9月2日、ジャカルタ・アジア大会の組織委員会は最優秀選手(MVP)に競泳女子で6冠を獲得した池江璃花子(18)が選ばれたことを発表した。女子選手としては史上初、日本人選手としては4人目の受賞。ジャカルタで8月撮影(2018年 ロイター/Jeremy Lee)

[ジャカルタ 2日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会の組織委員会は2日、今大会の最優秀選手(MVP)に競泳女子で6冠を獲得した池江璃花子(18)が選ばれたことを発表した。女子選手としては史上初、日本人選手としては4人目の受賞となった。

池江は50メートルと100メートル自由形、50メートルと100メートルバタフライ、400メートルリレー、400メートルメドレーリレーの6競技ですべて大会新記録を出し、金メダルを獲得。他リレー2競技で銀メダルに輝いた。

1大会6個の金メダル獲得は女子選手では史上最多となり、満場一致でMVP選出となった。賞金は5万ドル(約550万円)。

日本は今大会で金75、銀56、銅74を獲得し、総メダル数(205個)では1994年の広島大会以来となる2位につけた。トップは289の中国。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT