東証の新株価指数から外れた100社

この企業が当選し、あの企業は落選した

「どうしてウチの会社がこの中に入っていないんだ!」――。経営者はこんな不満を口にし、担当者は慌てて東証に理由を問い合わせるのかもしれない。

日本取引所グループと傘下の東京証券取引所(以下、JPXグループ)、日本経済新聞社が、新たな「株価指数」の共同開発で合意したと発表したのは今年5月。7月に公表した骨子では「ROE(株主資本利益率)をはじめとした企業の業績指標・データに基づいて銘柄を選ぶ」としていた。そして11月6日、新指数を構成する全銘柄を公開。2014年1月の運用に向けて着々と準備が進む。

「JPX日経インデックス400」と名付けられた新指数の構成銘柄は東証上場企業から(第1部が386社、第2部が1社、マザーズが2社、ジャスダックが11社)から合計400銘柄が選抜された。その狙いは、「『投資者にとって投資魅力の高い会社』で構成される新しい株価指数の創生する」というもの。

東証1部ではトヨタやソフトバンク、キヤノンなど誰もが知る有力、優良企業が名を連ねる。ジャスダックでは楽天やガンホー・オンライン・エンターテイメントなどが選ばれた。

どんな企業が新指数に採用されなかったのか

400銘柄の”当選組”は、JPXグループの公表資料を見れば済む。むしろ気になるのは、「投資魅力の高い会社」で構成される新指数の銘柄から漏れた企業はどこなのかだ。そこで、東証1部の企業の中で新指数から”落選組”を100社ピックアップすると、意外な大企業がゾロゾロ出てきた。

次ページ落選組でもっとも大きい企業は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT