東証の新株価指数から外れた100社

この企業が当選し、あの企業は落選した

右の表は”落選銘柄”を時価総額の大きい順にならべたものだが、もっとも大きいのがパナソニックだった。

新指数の構成銘柄は一定の基準でスクリーニングしたうえ、定量的な指標でスコアリングを行っている。具体的には、①3年平均のROE、②3年累積の営業利益、③選定基準日の時価総額という3項目だ。

パナソニックは近年、テレビを中心とするAV機器の苦戦で業績が大幅に悪化した。直近の2期は巨額の最終赤字を計上しておりROE、営業利益の両方でスコアが稼げなかったのだろう。

2番目の任天堂は、11年度と12年度と2期連続で営業赤字であり、こちらも累積営業利益のスコアがかなり低かったと考えられる。3番目は大和証券グループ本社だが、証券業界トップの野村ホールディングスは400銘柄入りを果たしており、明暗分かれた格好だ。

大和”落選”の理由について、「評価の項目はすべて公表している。それに基づいた結果」(JPXグループ・広報)というのみ。両者の過去3期の業績を見ると野村は黒字を保っており、大和は10年度と11年度は赤字だった。この違いが、当落の分かれ目に影響したと考えられる。

また、関西電力や中部電力など電力会社の”落選”が目立つ。これは、原子力発電所の稼働停止で火力燃料費がかさみ、赤字にあえいでいるのが原因だということが容易に想像がつく。

必ずしも”落選”とはいえないケースも

もっとも、ピックアップした企業がすべて”落選”と決めつけることはできない。新指数のスクリーニングの基準では、「上場後3年未満」の銘柄は選定の対象にしていないからだ。

次ページ落選組とはいえない企業は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT