東証の新株価指数から外れた100社

この企業が当選し、あの企業は落選した

それを勘案すると、上から5番目の大塚ホールディングスは上場日が2010年12月であり、スクリーニングの段階ではじかれたと考えられる。

同じことが言えるのは、サントリー食品インターナショナル(13年7月新規上場)、カルビー(11年3月新規上場)など。いずれもROEは2ケタ台だ。

逆に言えば、スクリーニングの段階で漏れた企業は、上場から3年が経過すれば、スコアリングの結果次第で、新指数の銘柄に採用される可能性があるため、”当選予備軍”という見方もできる。

新指数はスクリーニングから定量的な指標に基づいたスコアリングに加えて、定性的な要素による加点も行っている。具体的には、①社外取締役の選任(2人以上)、②IFRS(国際会計基準)採用または採用を予定、③決算情報英文資料のTDnetを通じた開示、という3項目。これは、「グローバルな投資基準に求められる諸条件を満たした」という指数の狙いを反映したものだろう。

 

6日に会見を行ったJPXグループの斉藤惇社長(写真左)。新指数はどこまでメジャーになれるか

一連の選定は、「すべて公表情報に基づいて行っている」(JPXグループ・広報)というように、JPXグループが企業に聞き出した特別な情報を活用しているわけではない。そのため、企業が指数の採用をめざすならば、シンプルにROEの向上と営業利益の拡大を進めればいいということになる。

指数は毎年1回、6月を選定基準日として8月に銘柄の入れ替えが行われる。新指数がどれだけの知名度を上げるのかは未知数だが、毎年夏頃、上場企業の経営者が「ひょっとしたら、今年は構成銘柄から落ちるかもしれない」「今年こそ、指数採用銘柄に入るだろうか…」などと、気をもむことになるかもしれない。来年、落選組から脱する企業はどれだけ出てくるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT