「作文」が書けない子に教えたい3つの言葉

繰り返すことで作文がスラスラ書けるように

こうした「WHY」を中心にした問いをいくつか続けていくと、「きのう、ぼくはどうぶつえんでライオンを見ました」という状況の説明だけだった20字ほどの文が、瞬く間に200字、300字の文章となり、行動や心境の変化を書くことができるのです。

行動や変化こそが物語を紡ぐ核になります。状況を説明する4W1Dに「WHY」を問いかけることで、子どもたちの観察がそれぞれの個性として発揮されます。基本の型から始めたとはいえ、カルチャーセンターで教えた子どもたちが書いた文章には、一つとして同じものはありませんでした。それぞれの視点で見事な作文に仕上がったのです。

日記だけでなく、読書感想文も同じです。一番興味を持ったところがどこだったのかを4W1Dに沿って、まず骨の部分を書きます。そこに「WHY」を問いかけて、肉付けしていけばいいのです。

書けるようになるには訓練が必要

言葉を自在に操って、自らの考えを展開するには、それなりの訓練が必要です。日本語を母語にするからといって、何もせず文章がすらすら書けるわけではありません。テレビで野球を見ていても、それだけで投球フォームやバットスイングが身につくわけではありません。基礎を勉強しなければ、楽しさも理解できません。

『クレオとパトラのなんでナンデさくぶん』(書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします)

作文を書く基礎を教わらないまま、大学生になり就職活動に入る。自らを客観的に見る訓練がないため、それを文章にしてプレゼンテーションできない。その結果、エントリーシートの選考で弾かれ、希望の仕事に就けない。採用にも長くかかわってきた筆者は、そうした若者をたくさん見てきました。それが前著『マジ文章かけないんだけど』を書いたきっかけでもあり、今回の『なんでナンデさくぶん』にも通じているのです。

文章を書くことは、観察し、驚きを見つけ、考えることです。これがステップ1からステップ3への手順に当てはまるのです。実は新聞記者もこうしたステップを踏みながら取材をし、記事を書いているのです。手法は変わりません。

文章を書くということは、思考を鍛えることでもあります。好奇心に紐づいた論理的な思考の先に、発想力が育まれ、直感力が育ちます。どうぞ、文章を書くことは楽しいんだ、ということを夏休みの宿題を通して、子どもたちに教えてあげて下さい。それには、子どもたちの好奇心を揺さぶることです。その道具として3つの「まほうのことば」を用意しました。何度も口ずさんでいれば、そのうち自然に身につくようになるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。