「作文」が書けない子に教えたい3つの言葉

繰り返すことで作文がスラスラ書けるように

日記を例にとって説明します。動物園でライオンを見たなら「きのう、ぼくはどうぶつえんでライオンを見ました」という文章の骨になる部分を書けばいいのです。これがステップ2です。

【ステップ 3】なんで なんで どうやって?

ところが、ステップ2の文はいわば状況の報告にすぎません。多くの子どもたちは、ここまで書いて次に進めず「楽しかったです」で、終わってしまうのです。ここから4W1Dになかった「WHY(なぜ)」あるいは「HOW(どうやって)」という要素を加えて、5W1Hに沿った文章に整えていきます。

子どもが心に抱えている言葉を引き出す

特に「WHY」の問いかけは重要で、これによって、子どもたちが心に抱えている言葉を引き出してあげるのです。そこで、ステップ3の「なんで なんで どうやって?」という、まほうのことばを使って、ステップ2の骨に肉をつけていきます。

「なんで動物園に行ったの?」「どうしてライオンを見たの?」。そんな問いかけに「きのう、がっこうのえんそくでどうぶつえんに行きました。ぼくはえほんで見た白いライオンに会いたかったので、まっさきにライオンのところに行きました」などの答えを出してきます。

さらに「なんで白いライオンに会いたかったの?」と問いかけると「5さいのたんじょう日に、おとうさんからジャングルたいていレオの本をプレゼントされたからです」という具合に話が進みます。「なんで、ジャングル大帝レオがよかったの?」と聞いていけば「白いライオンのレオがジャングルのなかまと力をあわせてがんばっているからです」のような答えが出てきます。

「実際に見たライオンはどうだった?」と問いかけてあげれば、「ほんもののライオンは白くありませんでした。しかもねてばかりいたので、がっかりしました」という感想も出てきます。

次ページWHYを中心にした問いを続けていくと……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。