健康管理がヘタな人はPDCAがわかってない

仕事のスキルと共通する普遍的な回し方

仕事も健康管理も検証→改善がポイントです(写真:Sqback/PIXTA)

ビジネスパーソンにとって健康管理は、仕事でつねに高いパフォーマンスを発揮し続けるために欠かせない要素のひとつです。

「仕事で最高のパフォーマンスを上げるには、健康であることが大前提」

「組織に健康な人が多いほど、チームのパフォーマンスは高くなる」

という意見はもはや当然のように浸透しています。健康管理を経営課題としてとらえる「健康経営」という言葉を聞くことも多くなってきました。

いまの世の中は、さまざまな健康法やダイエット手法などの情報が至る所で手に入り、健康志向の高まりに応じるように、フィットネスジムや健康関連のIoTなどのインフラも充実してきています。しかし、こんなに恵まれた社会環境でも、十分な健康状態を作れない人がまだまだ大勢います。

「健康になんかなりたくない」という人は、おそらくいないでしょう。しかし多くの人は、「これではいけない」とわかっていながらも、不摂生な生活を送ってしまいがちです。拙著『MBA式 健康防衛』で詳しく述べていますが、健康管理がしっかりとできる人と、そうでない人の差は、どこにあるのでしょうか?

明確な目的意識が必要

私は、企業研修の講師として、年間5000人以上のビジネスパーソンに出会います。そうした日々の中で感じているのは、健康管理ができる人は「自分の健康を維持しなくてはいけない理由」が自身の中に明確にあり、健康維持という「目標」をつねに意識して行動しているということです。

仕事においては大半の人が、KGIやKPIなどの数値目標に向かって、プロジェクトや自分のタスクの進捗状況などをしっかりと把握したうえで、計画立った行動をとっています。目標達成を目指して効果的に行動するために、日々問題点を洗い出し、必要に応じて行動を改善するなどと、順序良くPDCAを回しています。

次ページところが「健康管理」となると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。