健康管理がヘタな人はPDCAがわかってない

仕事のスキルと共通する普遍的な回し方

仕事も健康管理も検証→改善がポイントです(写真:Sqback/PIXTA)

ビジネスパーソンにとって健康管理は、仕事でつねに高いパフォーマンスを発揮し続けるために欠かせない要素のひとつです。

「仕事で最高のパフォーマンスを上げるには、健康であることが大前提」

「組織に健康な人が多いほど、チームのパフォーマンスは高くなる」

という意見はもはや当然のように浸透しています。健康管理を経営課題としてとらえる「健康経営」という言葉を聞くことも多くなってきました。

いまの世の中は、さまざまな健康法やダイエット手法などの情報が至る所で手に入り、健康志向の高まりに応じるように、フィットネスジムや健康関連のIoTなどのインフラも充実してきています。しかし、こんなに恵まれた社会環境でも、十分な健康状態を作れない人がまだまだ大勢います。

「健康になんかなりたくない」という人は、おそらくいないでしょう。しかし多くの人は、「これではいけない」とわかっていながらも、不摂生な生活を送ってしまいがちです。拙著『MBA式 健康防衛』で詳しく述べていますが、健康管理がしっかりとできる人と、そうでない人の差は、どこにあるのでしょうか?

明確な目的意識が必要

私は、企業研修の講師として、年間5000人以上のビジネスパーソンに出会います。そうした日々の中で感じているのは、健康管理ができる人は「自分の健康を維持しなくてはいけない理由」が自身の中に明確にあり、健康維持という「目標」をつねに意識して行動しているということです。

仕事においては大半の人が、KGIやKPIなどの数値目標に向かって、プロジェクトや自分のタスクの進捗状況などをしっかりと把握したうえで、計画立った行動をとっています。目標達成を目指して効果的に行動するために、日々問題点を洗い出し、必要に応じて行動を改善するなどと、順序良くPDCAを回しています。

次ページところが「健康管理」となると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。