仮想通貨が崩れると半導体価格も崩れるのか

半導体の「スーパーサイクル論」に異変?

仮想通貨の価格はビットコインを中心に冴えないが、これがきっかけで半導体の「スーパーサイクル理論」も崩れていくのだろうか(写真:Graphs?/PIXTA)

今年に入って、仮想通貨の採掘(マイニング)に必要な画像処理半導体〈GPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)〉の需要が鈍化しているが、最近はよりその傾向が鮮明化している。

仮想通貨マイニングの需要減がスーパーサイクル論に影

足元は、GPUを手掛けるアメリカの半導体大手エヌビディア社の決算(8月16日)が冴えなかった理由として、この仮想通貨マイニング(採掘)マシン向けGPUの需要減退が指摘された。市場では「半導体需要の拡大は通常よりも長期化する」という「スーパーサイクル論」が、「仮想通貨の価格低迷→GPUの需要減退」で根拠を失うのではないかとの声も聞かれる。

筆者はマイニングマシンに用いられる機器の覇権争いのなか、GPUがASIC(特定用途向け集積回路)に押されつつあることがGPU需要減少の大きな要因と考える。つまり、たとえGPU大手のエヌビディアやAMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)社の株価を一服させる要因となっても、ASICの需要拡大によってGPU需要の減少をカバーするというロジックだ。

そもそも市場規模を考慮すると仮想通貨マイニングの需要増減が「スーパーサイクル論」を左右するとは到底思えない。

改めて、まずマイニングに関して簡単に説明しよう。ビットコインなど仮想通貨の多くは、売買や送金などのトランザクション(取引)が一定時間ごとに、ネットワーク上に分散保存されている取引台帳(ブロックチェーン)に書き込まれるという仕組みで成り立っている。この書き込み作業のことを「マイニング」という。

次ページ確かにGPUは重宝されたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT