経験の蓄積が戦力になるのも野球の醍醐味だ

高校野球にプロ野球、8月の熱戦を振り返る

パ・リーグは、埼玉西武ライオンズが打線の底力で着々と貯金を増やし続け、8月20日現在で貯金を22とし、2位北海道日本ハムファイターズとのゲーム差も6.5ゲームと、少し抜け出ました。

ここに来て、上向きになってきた打線の影響で福岡ソフトバンクホークスが2位日ハムに2.5ゲーム差と徐々に上位2チームに迫ってきた感じはしますが、3ゲーム差、ひいては5ゲーム差を追い付くには、一般的に1カ月以上かかると言われており、上位チームの順位の変動はよっぽどのことがない限りないはずです。

最下位、楽天に見える光明

そして私の古巣、東北楽天ゴールデンイーグルスです。

前回のコラム配信後、Aクラスチームとの対戦が続き、3カードとも勝ち越すことはできませんでしたが、この2週間でも粘り強い野球で、勝率5割近いの戦いを続けています。

2番打者として出場をしていた茂木選手が、死球によるケガでの離脱をしましたが、高卒1年目の西巻選手がその穴を埋めるべく、ショートのレギュラーとして出場しています。打席数は少ないものの8月19日試合終了時点で打率も3割超えと結果を出し、猛アピールを続けている点に注目しましょう。

この西巻選手、高卒1年目とは思えない落ち着きのあるプレーが魅力の選手なんです。

守備では、繰り返しますが1年目とは思えないグラブさばきに強肩。打撃では小柄ながら持ち合わせたパンチ力、コンパクトでシュアなスイング、打席の中での冷静な判断での狙い球の設定等、私が19歳のときではできなかったようなことを普通に1軍の舞台でできているのがスゴイ。

将来的には現レギュラーの茂木選手を押しのけ、ショートのポジションを奪う可能性が非常に高いのではないかと見ています。

このような若手選手が出てくるようになれば、広島カープのような層の厚い強いチームになっていくでしょう。今の状況をがむしゃらに頑張り、もっともっと高いレベルを目指して頑張ってほしい!

西巻選手はまだ19歳。高校球児とほぼ同世代ながらここまでのスキルを見せています。来年の今頃になれば、今年の甲子園を沸かせた選手が活躍していることでしょう。もうすぐ高校野球が終わってしまいますが、彼らに再び会える日はそう遠くないのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT